cars cars

ファッションの専門学校を卒業後、紳士服メーカーでECサイトのプロデュースなどに従事。
その際興味を持ったWEBデザインを改めて学んだ後、さらなるステップアップのため計3社でWEB制作業務を幅広く経験。
2021年6月にcarsに入社し、現在はマーケティングユニットの事業プロデューサーとして活躍中!

  • ファッションという入り口から始まり、WEB制作を幅広く経験してきたのですね。なぜWEB製作に関心を持ったのですか?

    私は幼少期から絵やデザイン画を描くのが趣味で、自分の世界観をつくり出すようなことが好きだったんです。また、高校生ぐらいの時はオリジナルのホームページをつくってみたこともあって、自然とITにも親しみを感じるようになりました。ただ、当初はそれを仕事にするまでには至らなかったんですよね。
    専門学校を卒業した後、本当はパタンナー(デザイナーが描いたデザイン画を型紙に起こす人)になりたかったんですけど希望する会社ではその枠が空いてなかったので、まずは空いているポジションに就かせてもらいました。たまたまそれがECサイトのプロデューサーの仕事だったんですが、今思えばそれがきっかけだった気がします。
    私はもともとしっかりと人生設計を立てて行動するようなタイプではなくて、入ってみた環境や仕事が楽しければ続ける!というスタンスでやってきたのですが、WEB制作やWEBデザイナーの仕事がとにかく楽しかったのでこれまで続けて来られたと思います。

    WEB制作の仕事が向いていたんですね。実際にこれまで担当してきて、どのような時にやりがいを感じましたか?

    前職では、WEBディレクター、プロジェクトマネージャー、自社サービスの事務局長、動画撮影のAD、現場監督業務など非常に幅広い業務を経験させてもらいました。最初は「ローンチ」という言葉すらわからず、不甲斐なさから涙で枕を濡らす日々でしたが、その会社は全員が150%の熱量で仕事をしているプロフェッショナル集団。自分も振り落とされないようにとにかく必死になって働きました。そんな中で、自分のチームが誰一人欠けることなく、大型案件をリリースできた時やクライアントさんから「一緒に仕事ができて良かった」といわれた時にはやりがいを感じましたね。

    とにかくがむしゃらに進めてきたことに、結果がついてきたのですね。そのような中で、今回の転職を考えたきっかけはなんだったのですか?

    前職の会社で頑張り続ける道もありましたが、制作会社だとどうしても制作物を納品するところがゴールになりがちで。納品した後の成果までが追えず、自分の貢献度がどのぐらいなのかわかりにくいことが多々ありました。一方、事業会社であればそのような点が明確になると考えたので、転職を決意しました。

    どのようにしてcarsを知ったのですか?

    実は前職でも、主に大手自動車メーカーからのお仕事をいただいていました。もともと運転が好きなのもあり、自動車という商材は私にあっているなと感じていたんです。なので、次の職場もできれば車を扱っている企業が良いと思っていました。また、社風としてITというものが受け入れられやすく、社員のリテラシーも高いところが良いなとも考えていました。
    そこで「MaaS」を主なキーワードに求人検索をしていたところ、carsのホームページを見つけました。ホームページで描かれているcarsの世界観や、「渋谷から未来の移動を発信する」という社長のプレゼン動画を見て、なんて夢がある会社だろう!と思ったんです。その思想にとても共感できたので、この会社で働きたい!と心に決めて応募しました。 無事に採用してもらえて良かったです(笑)。

  • なんて夢がある会社だろう!と思った。

  • どうしたらユーザーに受け入れてもらえるのか?を大事に。

  • 現在の業務について、教えてください。

    私は主に、エンドユーザー向けにカーライフを主軸とした新しい価値を提供する「cars」というサービスのプロデュース全般を担当しています。具体的にはサイトリリースの進行管理、他部署や外部ベンダーさんとのやり取り、企画立案、提携企業との連携などが中心です。加えて、マーケティングに関する全般的なところにも関与するようにしていて、たとえばKPI分析やペルソナの作成など、ほかのメンバーがメインで担っているものでもチャットやミーティングに参加して、積極的に意見出しをしています。

    マーケティングに広く携わっているのですね。仕事をするうえで、どのようなことを心掛けていますか?

    「私はここまでしか担当しないので、ほかのことは知りません」ということがないよう、どんなことでも自分の考えがあればどんどん発言するようにしています。それはもちろん、それを誰もが受け入れてくれる社風であるからできることです。「ほかのチームは発言しちゃいけない」などということは絶対になく、むしろすごくウェルカムな雰囲気です。だからこそ、何か成果があった時はその達成感を全員で味わうことができますね!
    また、サービスの開発をしていくうえで判断に迷うことがあれば、誰のためのサービスなのか?を立ち止まって考えることを大切にしています。というのも、マーケティングチームにはユーザーリサーチ担当者もいるため、調査に基づいたペルソナ設計も行われているんです。ですから、単に「ユーザーの目線に立つ」といった漠然としたものではなく、根拠のあるペルソナをもとに、どうしたらそのユーザーに受け入れてもらえるのか?を考えることを心掛けています。

    これからcarsでどのようなことを実現していきたいですか?

    carsは「Enjoy! Smart Cars Life」をコンセプトに掲げていますが、本当にそのとおりになるよう、carsとの出会いをきっかけにハッピーになっていただけるようなサービスを提供していきたいと思います。
    また個人的には、いくつになっても自分自身のキャリアアップも考えながらさまざまなことにチャレンジしていきたいと思っています。1年前の自分と今の自分はどこが変わったか?1年後の自分はどうなっていたいか?など、過去や未来の自分を比べながら1歩1歩進んでいきたいです。具体的には、経験がないことも積極的に行動に移していくということ。「これはわからないから私はやりません。」ではなくて、まずはやってみることを大事にしていますね。やってみて自分に向いてなければ次やらなければいいんです(笑)。そうやってはじめから好き嫌いなくチャレンジしていくことがキャリアアップにつながると考えていますし、自分自身の成長が会社の成長にもつながると良いなと思います!

  • carsで働く人たちの雰囲気をどのように感じますか?

    率直に、皆さんとても前向きだなと思います。たとえば、会議の中で否定的な意見を言う人がいないですね。どうしたらそれが実現できるか?どうしたらもっとワクワクするものにできるか?といった雰囲気で話し合いが進むので、皆さんと楽しく仕事ができています。
    また、リモートワーク中心のため対面で会う機会が少ない人もいますが、たまに会った時でも喋りかければ会話が弾むような人たちばかりです!

    ご自身はどのようなワークスタイルをとられていますか?

    リモートワークとオフィス(WeWork)への出社が半々ぐらいです。集中したい時と一息つきたい時の両立ができるので、メリハリをつけて仕事ができる環境だなと思います。オフィスに出社して、ちょっと頑張った時には、渋谷のデパ地下でご褒美デザートを気軽に買えるのも嬉しいですね。(笑)
    また、始業時間・就業時間もある程度自分で調節ができるので、平日の夜でも予定を入れたければ早く始業したり、ゆっくり寝たかったら遅く始業したり…と融通がきくのもありがたいです!

    リモートワークをするうえで、心掛けていることがありますか?

    私の場合,チャット上のコミュニケーションでは頻繁にスタンプを使ってリアクションをしたり、ちょっと大げさに表現したりするようにしています。たとえば「はい」という返事をするなら「はい!!!」と書いて、冷たく感じ取られないようにするとか。人によっては嫌がられるかもしれませんが…(笑)。
    あとは、文字だけでのやりとりが伝わりにくいと感じたらすぐにテレカンで話すようにしています。

    気分転換にはどんなことをしていますか?

    よっぽど体力が限界を迎えていない限り、夜は必ず湯船に浸かってお気に入りの高級入浴剤を入れています。浴室の照明を落として映画や海外ドラマを見てゆっくりすると、リラックスできますね。あと、最近レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)を飼い始めたので、毎日癒やされています。とってもかわいいですよ!!

  • どうしたらもっとワクワクするものにできるか?

message 入社時にはメンターとして先輩社員がつく制度になっているので、わからないこともはじめから気軽に聞ける環境です。人事・総務も相談しやすい人ばかりなので、入社直後は慣れるまで不安に思うことが多いと思いますが、フォロー体制は抜群だと思います。また、私の所属するマーケティングチームは、堅苦しい序列のようなものもなく、お互いの仕事を尊重しながらみんな伸び伸びと働いています。リーダー達との距離も近い環境なので風通しはとても良いと思いますよ!

timetable

  • 09:30
    WeWorkに出勤(マストアイテムはカフェオレ!) メール・チャットの確認
  • 10:00
    マーティングリサーチ担当者との定例会議
  • 13:00
    ランチ デパ地下でお気に入りのお弁当を買ってWeWorkのフリースペースで食べる
  • 14:00
    リリースに向けてテストサイトを確認し、デザイナーやエンジニアと連携
  • 16:00
    開発チームとの定例会議
  • 17:00
    WEBサイトの構成案作成
  • 19:00
    退勤
  • 19歳で免許を取得してから、移動は200%車でした。 車自体が好きというよりも運転している時間が好きで、免許取り立てのころは暇さえあれば夜中に目的地を決めないドライブをしていました。 みんなでワイワイしながらの運転も嫌いではないですが、運転中は自分と向き合う時間にもなるので基本的には1人の運転ばかりです。 東京に来てからもっぱらカーシェアばかりで昔ほど運転する機会が減ってしまいましたが、将来的には個人のカーシェアオーナーになりたいですね!
#インスタ #ペットの世話 #爬虫類好き #色彩 #アイス #ソロキャンプ #ショッピング
※掲載されている社員の仕事内容、役職、所属は取材当時のものです。



募集職種

  • ITコンサル・PM
  • エンジニア
  • クリエイティブ
  • カスタマー
  • マーケティング
  • コーポレート