レクサス LS460を「AI査定」で相場価格を検証

売却
  • 投稿日:2023/03/15
  • 更新日:2023/03/15
  • 673

レクサスLS460は2006年に発表され、レクサスの最高峰セダンとして今もラグジュアリーカーとして人気があります。

今回は、日本が世界に誇るラグジュアリーカー「レクサスLS460」をAI査定して、どのくらいの相場になるのか検証し、相場の推移について解説します。レクサスLS460の売却時期はいつがベストなのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

carsの「AI査定」とは?

カーライフテックサービスcarsの「AI査定」は、中古市場の売買データから独自のアルゴリズムで対象車両の相場を瞬時に算出するサービスです。

この市場相場は日々変動しますが、carsの「AI査定」は日々変動するデータを常に自動更新するので毎日対象車両の価格をご覧いただけます。だから、売り時の参考価格を知ることができます。

さらに、個人情報の入力は不要なので、従来の買取業者からのしつこい電話やメールに悩まされることもありません。

メーカー・車種、走行距離だけで査定も可能!

AI査定で入力する車両情報は、次のとおりです。

・メーカー(例:「トヨタ」「BMW」)
・車種(例:「プリウス」「3シリーズ」)
・グレード(例:「A」「320i」)
・初度登録年月
・カラー
・走行距離

上記の車両情報のうち、AI査定で入力が必須なのはメーカーと車種、走行距離のみ。これだけでも相場の算出が可能です。そのためサクッと相場を知りたい方は十数秒で相場を確認できてしまいます。

中古車は同じ車種でも型式やグレードによって価格は大きく異なります。メーカーと車種の情報に加えて型式やグレードの情報を入力すると、より精度の高い相場が確認できますので売却されたい方は車検証を手元に情報を入力するのがオススメです。

そのほか、初年度登録年月、ボディカラーも相場価格に大きく影響するため、このような項目を入力することで実際の査定に近い相場を確認することができます。

AI査定の画面では入力した情報の項目数により査定精度がパーセンテージで表示されますのであわせて参照ください。

レクサス LS460の紹介

レクサスLS460は、2006年〜2013年頃まで発売されたラグジュアリーカーです。

約17年振りに全面刷新されたV型8気筒直噴4,608 ccのエンジンを搭載、量産乗用車では世界初となる「シーケンシャルシフト付き8速AT(8 Super ECT)」が搭載されました。

カラーの組み合わせや質感、VIPの送迎にも対応するほどの内装のグレード割りだけでなく、走りに重点を置くなどスポーツグレードなど様々なグレードがあります。

計2回のマイナーチェンジがあり、トルクスプリットAWDの搭載、スペアタイヤを省くことでトンランクスペースの容量拡大に伴い、「ミリ波レーダー方式プリクラッシュセーフティシステム」の標準化をし、安全装備も充実させました。

レクサス LS460をAI査定

レクサスLS460をAI査定すると「285万」となりました。(2023年3月現在)

世界のラグジュアリーカーの1つとして君臨するモデルですが、スポーツモデルがあることも含め高い相場となっています。

また、価格帯を見てみると、LOWが179万円、MIDDLEが281万円、HIGHが800万円です。

2006年の発売から17年が経ちますがリセールバリューも悪くはない価格と言えるでしょう。

特に、ハイグレードのモデルやスポーツモデルは、状態が良ければHIGHに近い価格になることもあるでしょう。

レクサス LS460の相場価格推移

レクサスLS460の相場はこの一年平均で313万円前後となっています。

年式やグレード、車両のコンディションなどによって価格は変わってくるものの、ラグジュアリーカーとしてのステータスが相場に反映されていると言えます。

ラグジュアリーカーとして、日本だけでなく海外でも人気があるため、今後においても高い評価を維持しつづけると予想できます。

少しでも高い値段で売却したいと考えているのであれば、外装や内装の状態をきれいに保ち、優れた走行性能を発揮できるようメンテナンスしておくことがポイントです。

レクサスは、車体だけでなくタイヤなどの部品においても盗難されやすいブランドです。そのため、日々のメンテナンスだけでなく、保管についても細心の注意が必要です。

さらに「cars MARKET」で出品も可能!

さて、AI査定の結果や相場の推移を参考に、所有している車を売却したいと思った時には「cars MARKET」での出品がおすすめです。

「cars MARKET」はcarsが展開する車のマッチング売買マーケット。カーオーナーはAI査定の相場を参考にしながら希望価格で売買マーケットにオンラインで出品することができます。

出品後、購入希望者が出品車両に購入の申し込みをすればマッチングが成立します。多数の仲介業者を介する一般的な売買プロセスとは異なり、直接マーケット上で取引を行えるので、売却希望者は高値で出品することができます。また、購入希望者も条件にあった車を出品金額から選べるため、リーズナブルに購入することも可能です。

しかし、オンラインで高額な車の売買取引を行うのは不安なもの。実際にフリマサイトでも売買時のトラブルは少なくありません。しかし「cars MARKET」では、自動車売買のプロフェッショナルであるcarsエージェントが取引を仲介します。購入希望者と出品者が直接やり取りする必要はありませんのでトラブルの心配もなく「すべておまかせ」で売買が完了します。

「cars MARKET」を活用すれば、中古車買取業者のマージンが考慮された査定額や新車購入時の下取りで希望価格を下回る査定額に悩む必要はもうありません。希望額での車の売却が実現できます。

まとめ

 日本が世界に誇るラグジュアリーカー「レクサス LS460」は、時間が経過しても高い相場を維持していることがわかりました。世界的な人気により、今後も高い水準を維持し続けると予測できます。しかし、相場は絶えず変動するものです。そのため、定期的にAI査定を利用して相場の動きをチェックして、もっとも高く売れるタイミングを見きわめることをおすすめします。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ