ジープ ラングラーを「AI査定」で相場価格を検証

売却
  • 投稿日:2023/03/15
  • 更新日:2023/03/15
  • 1745

ジープ ラングラーは、オフロード車を主に製造・販売しているジープを代表するモデルで、最もジープらしさを感じられるモデルといっても過言ではないSUVです。最新のラングラーでは、本格派SUVに求められる走破性能だけでなく、オンロードでの快適性や燃費性能・環境性能などを高い次元で両立しています。

今回は、そんなラングラーをAI査定して、相場の分析をします。ラングラーの売却を検討している方は参考にしてみてください。

carsの「AI査定」とは?

カーライフテックサービスcarsの「AI査定」は、中古市場の売買データから独自のアルゴリズムで対象車両の相場を瞬時に算出するサービスです。

この市場相場は日々変動しますが、carsの「AI査定」は日々変動するデータを常に自動更新するので毎日対象車両の価格をご覧いただけます。だから、売り時の参考価格を知ることができます。

さらに、個人情報の入力は不要なので、従来の買取業者からのしつこい電話やメールに悩まされることもありません。

メーカー・車種、走行距離だけで査定も可能!

AI査定で入力する車両情報は、次のとおりです。

・メーカー(例:「トヨタ」「BMW」)
・車種(例:「プリウス」「3シリーズ」)
・グレード(例:「A」「320i」)
・初度登録年月
・カラー
・走行距離

上記の車両情報のうち、AI査定で入力が必須なのはメーカーと車種、走行距離のみ。これだけでも相場の算出が可能です。そのためサクッと相場を知りたい方は十数秒で相場を確認できてしまいます。

中古車は同じ車種でも型式やグレードによって価格は大きく異なります。メーカーと車種の情報に加えて型式やグレードの情報を入力すると、より精度の高い相場が確認できますので売却されたい方は車検証を手元に情報を入力するのがオススメです。

そのほか、初年度登録年月、ボディカラーも相場価格に大きく影響するため、このような項目を入力することで実際の査定に近い相場を確認することができます。

AI査定の画面では入力した情報の項目数により査定精度がパーセンテージで表示されますのであわせて参照ください。

ジープ ラングラーの紹介

ジープ ラングラーは、1987年に誕生したジープを代表する本格的なSUVです。日本国内のみならず、世界各国で販売され、多くのファンに支持されています。

2018年に販売を開始した4代目では、独立したフロントフェンダーやセブンスロットグリルなど、ラングラーが長年にわたり継承してきた伝統のスタイリングや独自の世界観を変えることなく、走破性能、現代のSUVに求められる快適性や安全性、燃費性能を向上させていることが特徴です。

2022年には、ラングラーシリーズのハードコアモデル「Wrangler Unlimited Rubicon(ラングラー・アンリミテッド・ルビコン)」に、プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「Wrangler Unlimited Rubicon 4xe(フォー・バイ・イー)」を追加しました。PHEVのラングラーは、卓越したオフロード性能と環境性能を両立しているだけでなく、瞬時に最大トルクが得られる電気モーターによりオフロードでの走破性能がさらに向上しています。また、約42kmをバッテリーのみで走行できるため、日常の買い物や近所への移動では、電気自動車として利用することも可能です。

ジープ ラングラーをAI査定

ジープ ラングラーをAI査定してみると「598万円」という結果になっています。(2023年3月現在)

日本国内だけでなく世界的にも人気と信頼が高いラングラーは、相場も高くなることがわかりました。

また、本格的なSUVならではの走破性能や耐久性の高さは、キャンプや釣りなどアウトドアで役立つ性能です。このような本格SUVならではの性能も査定で高く評価されるため、相場が高くなっていると考えられます。

ジープ ラングラーの相場価格推移

ジープ ラングラーの相場は、約500万円〜700万円の間で推移しています。

このような相場の推移となっているのは、本格的なSUVに求められる走破性能や耐久性などが高く評価されているだけでなく、長年の歴史によって積み上げられた高い信頼性があるからだといえるでしょう。

また、ラングラーは日本国内だけでなく、世界的にも人気があり、信頼されているモデルであるため、リセールが高くなりやすい車種です。よって、相場も高い水準になっていると考えられます。

さらに、ラングラーをはじめとする本格派SUVは、常に一定の需要があるため、今後も高い水準で相場が推移し続ける可能性が高いといえるでしょう。

もし、ラングラーの売却を検討し始めて、おおよその相場を知りたいと思ったときは、無料で利用できるAI査定で調べてみることをおすすめします。

さらに「cars MARKET」で出品も可能!

さて、AI査定の結果や相場の推移を参考に、所有している車を売却したいと思った時には「cars MARKET」での出品がおすすめです。

「cars MARKET」はcarsが展開する車のマッチング売買マーケット。カーオーナーはAI査定の相場を参考にしながら希望価格で売買マーケットにオンラインで出品することができます。

出品後、購入希望者が出品車両に購入の申し込みをすればマッチングが成立します。多数の仲介業者を介する一般的な売買プロセスとは異なり、直接マーケット上で取引を行えるので、売却希望者は高値で出品することができます。また、購入希望者も条件にあった車を出品金額から選べるため、リーズナブルに購入することも可能です。

しかし、オンラインで高額な車の売買取引を行うのは不安なもの。実際にフリマサイトでも売買時のトラブルは少なくありません。しかし「cars MARKET」では、自動車売買のプロフェッショナルであるcarsエージェントが取引を仲介します。購入希望者と出品者が直接やり取りする必要はありませんのでトラブルの心配もなく「すべておまかせ」で売買が完了します。

「cars MARKET」を活用すれば、中古車買取業者のマージンが考慮された査定額や新車購入時の下取りで希望価格を下回る査定額に悩む必要はもうありません。希望額での車の売却が実現できます。

まとめ

ジープを象徴する本格オフローダーのラングラーは、日本国内のみならず世界的に高い人気と信頼があるモデルです。そのため、相場の推移も高い水準となっています。

ただし、ラングラーの人気がいつまで続くのかという予想は難しいのが実情です。そのため、ラングラーの相場を随時チェックする必要があります。そんな時は個人情報の入力や登録の必要がないAI査定で調べることをおすすめします。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ