車のだいたいの査定額を知る方法!査定から売却までの手段も解説

購入・売却
  • 2021/12/19
  • 798

「車のだいたいの査定額を知りたいだけなのに、いろいろと調べるのが面倒」と思っていませんか?

査定額を簡単にチェックする方法はいくつかあります。この記事では、だいたいの査定額を知る方法についてわかりやすくご紹介します。

売却の手段や買取価格をアップさせる方法もあわせて解説しますので、愛車を売却する際の参考にしてください。

だいたいの査定額を知る方法

愛車のだいたいの査定額を知る簡単な方法は、車関連のWEBサイトを利用して調べることです。車の査定相場を把握できる主なWEBサイトは、以下の3種類に分けられます。

  • 一括査定サイト
  • 中古車販売サイト
  • オークションサイト

それぞれどのような特徴を持っているかみてみましょう。

一括査定サイト

「一括査定サイト」とは、車の同時査定ができるWEBサイトのことです。必要な情報を入力して申し込むと、申込先から連絡が来ます。その際おおよその見積額を聞き、興味があればくわしい査定を依頼します。

査定業者1社1社の査定額をチェックする手間が省けて便利な半面、WEBサイトによっては個人情報を入力する必要があるため、そこに抵抗を感じる人も少なくありません。

実際、査定を申し込んだ業者から後日営業電話がかかってきて煩わしさを感じることもあるでしょう。

中古車販売サイト

中古車販売サイトでも、だいたいの査定額を確認することは可能です。

自分の車と同じ条件の車種を調べ、販売価格をチェックしてみましょう。ただし、同じ条件の車が必ずしも販売されているとは限りませんので、車種によっては探すのに手間がかかることもあります。

中古車販売サイトでわかるのは販売価格です。査定相場を知るには、マージンや手数料などコストを販売価格から差し引く必要があります。そのコストは各中古車販売業者によって異なる点を考えると、使いづらいかもしれません。

オークションサイト

オークションサイトの中には、車の売買に対応しているところもあります。利用するなら大手ネットオークションサイトや中古車専用オークションサイトなど、多くの中古車を取り扱っているところがおすすめです。

オークションサイトを利用して買取相場を調べるには、「車名」+「年式」で検索すると見つけやすいです。

ただし、出品されていなければヒットしませんし、中古車販売サイト同様、同じ条件の車を見つけるのが難しいこともあるでしょう。

cars AI査定

cars AI査定は、AIを活用した車の査定サイトです。独自のアルゴリズムを持ち、自動車業界のビッグデータから瞬時に愛車の価格を算出します。

入力するのは車の情報のみで、個人情報は不要です。利用するにあたり会員登録の必要もないので、「だいたいの査定額でいいから今知りたい!」という時にピッタリです。

下取り・買取・一括査定の仕組み

車を手放す際、考えられる方法として

  • 下取り
  • 買い取り
  • 一括査定

が挙げられます。

車を売るという点では共通しているため、どの方法を選ぶかについてはあまり気にしていないかもしれません。しかし、方法によっては安い金額で手放してしまう可能性もありますので注意が必要です。

自動車ディーラーによる下取りの方法を解説

新しい車を購入することを前提に、ディーラーが車を買い取ることがありますが、これを「下取り」といいます。

「売る」というよりも「新車の購入代に充てる」意味が強く、下取りの査定価格は買取よりも低くなる傾向にあります。くわしくない車(他社の車など)に対して高額を提示しにくいというのも、査定価格が低くなる理由の1つです。

状態の良い車は、下取りされた後そのまま中古車市場へと流れていきます。下取り先の自動車ディーラーが自社の中古車販売所を所有している場合は、そこで販売される場合がほとんどです。

中古車オークションサイトに出品し、他の中古車販売店に売ることもあります。

車販売店による買い取りを解説

「買い取り」とは、中古車販売店に車を売却することをいいます。下取りとの違いは、買取で購入した車は中古車として個人や中古車業者など新しいオーナーに販売されるという点です。

一般的に、下取りよりも買い取りの方が査定価格は高くなります

その理由として、

  • 国内外に販路を持つ中古車販売店が多く、高額で買い取っても利益をあげやすい
  • ディーラーよりも中古車市場にくわしく、売れ筋の車は高額で買い取る傾向がある

ということが考えられます。

下取りは手間をかけずに新車を購入できますが、「高額で売る」という点のみで考えるなら、買い取りを選んだ方が良さそうです。

車一括査定の解説

「一括査定」とは、必要な情報を一度入力するだけで、登録されている複数の業者に査定を申し込める査定方法のことです。

一括査定は、査定額が高めになる傾向があるといわれていますが、その理由として「同時査定」が挙げられます。

一括査定サイトでは数社、多い場合は20社ほどが競って同じ車を買い取ろうとします。その際、できるだけ所有者に対して好条件を出そうとするため、結果として買取価格が高めになるのです。

ただし、査定前に高めの金額を伝え、実車査定で金額を下げる業者も少なくありませんので、最終的な判断は慎重に行うようにしましょう。

査定時にチェックされるポイント

車を査定する際、業者はあらかじめ設定されているチェック項目を参考に、車の状態を確認・評価します。

査定前にチェックポイントを知ることは、愛車の査定相場を把握したり査定評価をアップさせたりすることにつながります。

ここからは査定時のチェックポイントについてご紹介します。

車種、年式、グレード

車の査定時に、必ずといってよいほどチェックされるのが車種・年式・グレードの3つです。

「リセールバリュー」という言葉をご存知でしょうか。「再販価格」という意味があり、車種・年式・グレードは、リセールバリューの高低を決める判断材料です。

フルモデルチェンジ(車の大幅な改良)すると、その前のモデルは「旧型」となり査定価格はガタッと落ちる傾向があります。愛車をお得に手放すなら、フルモデルチェンジ前が売却するにはベストなタイミングです。

走行距離

車の寿命の目安としてよく知られているのが、走行距離です。一般的には、走行距離が短ければ寿命は長いと予測され、査定評価は高くなります。逆に走行距離が長いと、査定額は安くなります

購入者は少しでも寿命の長い車を求めていることを考えれば、走行距離が長い車は低く評価されてしまうのも納得できるでしょう。

どのくらいの走行距離が査定に影響を与えるのかということですが、年間の走行距離が10,000km超えると「過走行車」と見なされ、査定額が低くなるといわれています

ボディカラー

ボディカラーが査定時のチェックポイントなのは、人気のあるカラーは再販しやすいとの理由からです。

査定額アップが期待できるカラーには、白や黒などがあります。どちらも流行に左右されにくく、幅広い年齢層に受け入れられやすいカラーです。

ただし、これは車全体の傾向であってすべての車に該当するというわけではありません。女性に人気の車に限ればピンクが売れている、あの車は青色の車種に人気が集中しているなど、車種によって人気カラーは異なることもあります。

修復歴、大きなキズ、内装の状態

査定評価を低下させる要因として挙げられるのが

  • 車の修復歴
  • 車体についた大きなキズ
  • 内装

です。

事故を起こしたため修理したなど、修復歴のある車は使用中にトラブルを発生させるリスクがあることから評価は下がります。また、修理が必要になるほどの深いキズや大きなへこみも、評価ダウンにつながります。

内装でチェックされるのは臭いや汚れです。タバコ臭がする、シートに汚れが染み付いているなどのマイナス要因が多い場合は、査定への影響が大きくなると考えられます。

買取価格を少しでも上げるポイント

車のだいたいの査定額を知ったら、買取価格をアップさせるポイントについても抑えておきましょう。

査定アップのポイントを把握することで、愛車を安く手放すことを防げるだけでなく、できるだけ高く売却できることが期待できます。特に覚えておきたいポイントについてご紹介します。

車検前、車検後の違い

車検をする前と後では、査定額に差が出ます。一体どちらの査定額が高くなるのでしょうか。正解は、車検前です。

車検の有効期限が残っている場合、査定評価に良い影響を与える可能性はあります。しかし、車検が切れている場合は無理に車検を受ける必要もありません。

なぜなら「車検切れ」は、査定のマイナス要因に含まれていないからです。

車検が切れているからといって車検を受けた後に売却をしてしまうと、期限が残っていることによるプラスよりも車検代の方が高くなってしまう可能性があります。

そのため、車はなるべく車検前に売却する方がお得です。出張査定を利用すれば、車を運転することなく車検切れの愛車の査定を受けられます。

車体のキズやへこみは修復

すでについてしまったキズやへこみは、修復せずに出すのが無難です。なぜなら、修理費用を上回る値段で車が売れるかどうかわからないからです。

キズやへこみが多少あっても、大きく査定には響きません。深いキズや大きなへこみはマイナス査定になってしまう可能性が高くなりますが、修理費用が査定額よりも高額になってしまっては本末転倒です。

多少のキズやへこみを見つけても修理せずにそのまま査定に出すことを原則とする、として車を査定に出すのが賢明です。

車内清掃や洗車

愛車は、車内清掃や洗車をしてから売却するようにしましょう。査定する人も愛車を手放そうとする人も、気持ちよく査定に臨めるからです。

車の清潔さは、査定評価に直接影響するというわけではありませんが、査定する人に良い印象を与えそれが高評価につながることもあります。

洗車の際は、できるだけきれいにすることがポイントです。見逃しがちな車体の下も忘れずに洗いましょう。高圧洗浄機を使うとよく洗えます(高圧洗浄機は、ガソリンスタンドなどで利用できます)。

純正品部品

純正部品とは、その車のメーカーが販売している部品のことを指します。純正部品は質が高く、高額で販売されていることもあり、査定では高く評価される傾向にあります。

もし愛車をカスタムして部品を取り外していた場合は、取り外した純正品も査定に出すようにしましょう。査定額アップを考えると、社外部品(他のメーカーが製造した部品)を後付けした場合は、査定前にできるだけ純正品に戻しておくのが賢明です。

メンテナンス履歴がわかる書類

査定額がアップする要因のひとつに、その車のメンテナンス履歴がわかる書類があります。整備されたことが証明されている車とそうでない車では、中古車の購入を検討している人の反応は大きく異なります

例えば、定期点検整備記録簿にはこれまで受けた点検の内容が記録されていますが、中古車の販売ページには、この記録簿の有無が表示されています。

定期点検整備記録簿の他に、保証書やマニュアルなどの書類も査定額に影響しますので、査定前に揃えておくようにしましょう。

cars MARKETなら車を希望額で売却できる

一言で「査定」といっても、色々な方法があって売却にもポイントがあることを説明してきました。なんだか難しそう、そう思っていませんか?

そう感じた方におすすめなのが、スマートに車の査定から売却までを行うことができるcars AI査定とcars MARKETです。

記事内で紹介したように、cars AI査定を利用することで車の相場価格を瞬時に算出することができるため、その相場価格をもとに希望額を設定しcars MARKET内で売却取引を行うことができます。

また取引においても専任のcars AGENTがサポートするので安心して出品することができます。ぜひ、下のバナーよりお気軽にお試しください。

まとめ

愛車のだいたいの査定額を知る方法から、売却する手段まで解説しました。査定額を確認する方法をまとめると、以下の4種類あります。

  • 一括査定サイト
  • 中古車販売サイト
  • オークションサイト
  • cars AI査定

必ずこの方法でチェックするという決まりはありません。好きな方法を選ぶ、または複数のWEBサイトを使って確認するのも良いでしょう。

査定時のチェック項目や、買取価格をアップさせるポイントなどを知っておくことは、「車を相場よりも安く売ってしまった」ということを防ぐことにつながります。

愛車のだいたいの査定額と査定のポイントを把握し、後悔しない価格で愛車を手放しましょう。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ