車の一括査定は電話なしで行える?電話に悩まされたくない人へ

売却
  • 2021/12/24
  • 618

車の一括査定サイトから査定の申し込みをすると、ほぼ確実に電話がかかってきます。しかし、仕事中や運転中などに電話がかかってくると困ることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、大量の営業電話を受けずに買取相場を知る方法や査定してもらう方法、一括査定を申し込むと電話がかかってくる理由、業者からの電話対応方法、そして電話をせずに査定を依頼するデメリットなどを解説します。

一括査定サイトに申し込むと電話がかかってきてしまう

一括査定サイトで申し込みをすると、ほぼ確実に営業電話がかかってきます

一括査定サイトは登録されたユーザー情報が買取業者に送られるシステムであるため、買取業者から実車査定をする日時の調整や売却時期などを決める連絡がきてしまうのです。

買取業者が行う実車査定は確実な売却額を算出するためでもあるので、売却時期が決まっておりくわしい売却額を知りたい場合には一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

一方、売却しようとしている車のおおよその相場だけを知りたい場合、一括査定サイトを利用することなく調べることも可能です。

中古車販売サイトなどの買取相場を掲載しているサイトでは、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力せずに相場を確認することができます。

そのため、売却意志や売却時期が定まっていなくてもおおよその車の価値を知りたい場合には、相場情報を掲載しているサイトや相場を調べられるサイトを利用するのがおすすめです。

大量の電話に悩まされたくない場合

車の査定をする時に大量の営業電話に悩まされないようにするためには、どのようにしたら良いのでしょうか。ここからは、営業電話を最小限に抑える4つの方法を紹介します。

ただし、あくまでも電話の本数を減少させる方法であるため、絶対に電話がかかってこないということではありませんので注意してください。

シミュレーションを利用する

自動車メーカーや買取業者が提供しているシミュレーションを利用するとおおよその買取相場や査定額を調べることができます。

自動車メーカーのシミュレーションでは、メーカー・車種・グレード・年式などの情報から相場を算出する方法や車両・メーター・車検証のQRコードの写真を送って相場を算出する方法などがあります。

各メーカーのシミュレーションによって、入力する情報や方法が異なるため、くわしくは各サイトをご確認ください。

買取業者のシミュレーションでは、メーカー・車種・グレード・年式・走行距離・ボディカラーなど車の情報から買取相場を算出する方法や買取業者の車種情報のページに相場を掲載している場合が多いです。

また、実際の買取実績を掲載しているところもあります。

いずれの方法であっても、個人情報を入力せずに特定の車種の買取相場を調べられることが特徴です。おおよその相場を知りたい時は、シミュレーションを利用すると良いでしょう。

売値から予想する

中古車の売値からもおおよその査定相場を予測することが可能です。一般的に、中古車販売情報サイトに掲載されている販売価格の60~90%が買取額といわれています。

買取額に幅があるのは、手続きにかかる費用、車の状態、修理やメンテナンスの必要性、中古車市場での人気などによって売値が異なるためです。

中古車の売値から買取額を予測するためには、中古車情報で自分の車と同じ条件、もしくはほぼ同等のコンディションの車を複数探し、見つけた車の売値の60~90%を算出します。

この方法は、自分の車のざっくりとした相場を知るのに最適といえるでしょう。

個別に査定申し込みをする

買取業者へ個別に査定の申し込みをすると、営業電話を大幅に減らすことができます。

ただし、個別に業者へ査定申し込みをする際には、業者について調べ、信頼性、買取実績などの情報をもとに買取業者の選定を行わなければなりません。

業者の選び方を間違えると、安く買い取られてしまったり、事前調査していた相場額に届かなかったりすることがあります

また、業者を選ぶ時は、高額買取の実績があるか、公正な取引をしているか、買取業者が得意とするジャンルに当てはまるか、などさまざまな観点から業者を精査して問い合わせや申し込みをしましょう。

自分が所有している車の買取を得意としていて、買取実績が多く、信頼性が高い業者を見つけられるのであれば、個別に査定の申し込みをするという方法でも良いでしょう。

直接買取店に行く

買取店に車を持ち込んで査定の申し込みや売却の手続きをするのも営業電話を減らす方法の一つです。

ただし、直接車を店舗に持ち込んで査定をしてもらう時は、注意しなければならないことがあります。それは、事前に買取相場を確かめておくということです。

事前に相場を調べておかなければ、安く買い取られてしまうことがあります。一方、日ごろからメンテナンスなどの依頼をしている親しい業者であれば車両の状態を把握しているため、高値になることもあるようです。

しかし、一般的な相場に近い価格での買取になってしまう可能性も否定できません。

初めて行く店舗、日ごろから通っている店舗のどちらであっても、車を持ち込んで査定をする時には事前におおよその相場を把握しておくことが大切です。

また、安く買い取られないよう交渉しなければ、高値での売却は難しいでしょう。

買取業者が電話をしてくる理由

買取業者が査定申し込み直後に電話をしてくるのは、いち早く査定の約束をしたいからです。

実は、自動車の買取業界では査定の実施が早ければ早いほど成約率が高くなるといわれています。そのため、査定の申し込みをした直後に電話がかかってくるのです。

買取業者は、車を売りたいと考えているユーザーの情報を一括査定サイトから購入している場合がほとんどです。そのため、1件でも多くの査定を行って車を買い取りたいと考え、いち早く電話連絡をして査定日時を決めたり、売却時期の話をしたりするのです。

買取業者からの電話をスムーズに受ける方法

買取業者から電話があった時、何を聞かれるのか不安になることもあるでしょう。しかし、最初の電話で買取業者から聞かれることは、おおむね決まっています。

聞かれる内容は、「希望査定日時と場所」「売却予定時期」「車のくわしい状態」「売却希望額」「車検満了日」などです。これらの質問内容に的確に答えられれば円滑に話を進めることができ、電話の時間を短くすることができます。

そのため事前に、いつ・どこで査定をしたいのか、いつごろ手放す予定なのか、車のカラー・グレード・オプション装備・キズや事故の有無など車の情報、売却する時の最低金額、車検が満了する年月を一括査定の申し込みをする前にまとめておきましょう。

事前に車の情報をまとめておくことで折り返しの電話が不要になり、業者から追加の連絡が来るのを減らすことができます。

もし、車の情報や車検満了日などの情報がわからなくても、査定の希望日時と場所だけは事前に決めておくと良いでしょう。

買取業者は、いち早く連絡をして査定の約束をしたいと考えています。そのため、査定の申し込み前に、査定の日時と査定する場所を決めてから申し込むことでスムーズに電話を受けることができます。

電話をせずに車を査定するデメリット

業者と電話でやり取りをすることなく、メールやチャットを使って査定の日時や場所の調整をして、査定を受けることもできます。しかし、メッセージだけのやり取りにはデメリットもあります。

ここからは、電話なしで査定の申し込みや買取を依頼するデメリットを解説します。

メールでの査定に対応していない業者もある

一括査定サイトと提携している買取業者の中には、メールのみでの対応を受け付けていないところがあります。大手買取業者であっても、最初の連絡は電話でするというケースも少なくありません。

メールのみに対応している買取業者に絞り込むと、数が限定されてしまったり、大手買取業者の査定を受けたりできないことがデメリットです。

そのため、大手買取業者の査定を受けたい場合や早めに査定の日時を決めたい場合は、電話連絡を受けられるようにした方が良いでしょう。

買取までに時間がかかる

メールやチャットなどメッセージだけでのやり取りの場合、買取までに時間がかかってしまう場合があります。

査定日時や場所を決めたり、カラー・オプション装備・キズや修復歴など車の状況を伝えたりするためには、メッセージでのやり取りを数回しなければなりません。そのため、数日の時間を要してしまうことがあるのです。

先述の事前準備をしてから電話連絡を受ければ、1回の電話だけでも査定の日時や場所を決められます。すぐに査定をしてほしい場合や車検満了日が迫っている場合には、電話連絡で査定の日時などを決める方が良いでしょう。

まとめ

今回は、営業電話を受けずに車の相場を知る方法、一括査定サイトを利用すると電話がかかってきてしまう理由、買取業者からの電話対応方法などを解説しました。

現在所有している車のおおよその相場を知りたい場合や、売却意志や売却時期が未定の場合には、シミュレーションや現在の売値から買取額を予測した方が良いでしょう。

一方、すぐにでも手放したい場合や売却意思が固まっている場合には、事前準備をして一括査定サイトで申し込みをした方がすぐに査定の予約ができ、売却までスムーズに完結するといえます。

それぞれの目的に応じて買取サイトを使い分け、買取業者からの電話に悩まされないようにしましょう。

この記事をシェア

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ