タントがマイナーチェンジ!新シリーズ「ファンクロス」追加!

ニュース
  • 2022/10/13
  • 218

2022年10月3日ダイハツは、スーパーハイトワゴンの「タント」と「タント カスタム」をマイナーチェンジするとともに、楽しさとアクティブさを表現した新モデル「タント ファンクロス」を追加し、販売を開始しました。

新たに追加されたクロスオーバー「タント ファンクロス」

マイナーチェンジと同時に追加されたアウトドアモデルの「タント ファンクロス」は、タントならではの使い勝手の良さを受け継ぎながら、アクティブ感とタフさを表現したスタイルや専用装備を採用し、アウトドア志向のユーザーのニーズに応えるモデルとなっています。

エクステリアは、力強いヘッドランプ、タフさを表現したフロントグリルやバンパー、シルバー加飾、サイドガーニッシュ、レジャーシーンで活躍するルーフレールを装備し、アクティブ感あふれるスタイルを演出。インテリアは、差し色のオレンジやカモフラージュ柄のシートによってタフさが表現されています。

専用装備は、汚れた荷物や濡れた道具を置いても手入れのしやすい撥水シートや防水加工シートバック、夜間の積み下ろしで役立つラゲージルームランプやUSBソケットなどです。

グレードは、自然吸気エンジンを搭載する「ファンクロス」(172万1,500円〜184万2,500円)とターボエンジンを搭載する「ファンクロスターボ」(180万9,500円〜193万500円)の2タイプとなっています。

新しくなったタントシリーズ

2003年にデビューしたタントは、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新しいマーケットを開拓しました。また、軽自動車初となるピラーインドア「ミラクルオープンドア」や両側パワースライドドアを採用されていることも特徴です。

現行型となる4代目タントは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第1弾モデルとなります。全世代のユーザーのニーズに応える良品廉価な商品として2019年7月にデビュー。

今回の改良では、利便性を高めながら「タント カスタム」をより上質で迫力のあるスタイルに進化させています。

また、圧倒的な広々空間とミラクルオープンドアによる利便性と解放感はそのままに、荷室のデッキボードや進化した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを採用し、使い勝手の良さを向上していることが特徴。ボディーカラーは、各モデルの個性を表現した新色が追加されています。

マイナーチェンジしたタントの価格は、タントが138万6,000円〜177万1,000円、タント カスタムが178万2,000円〜199万1,000円、フレンドシップシリーズが144万5,000円〜215万円となっています。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ