ノビテックグループがFerrari SF90 Spider NOVITEC Verを発表

ニュース
  • 2022/10/21
  • 238

2022年10月12日、フェラーリやランボルギーニをはじめとしたプレミアムスポーツカーなどを手掛けるドイツのチューナー「NOVITEC」の日本法人 株式会社ノビテックグループジャパンが「Ferrari SF90 Spider NOVITECバージョン」を発表しました。

純正より高性能&スポーティ!ノビテックバージョンのSF90 Spider

「Ferrari SF90 Spider NOVITECバージョン」は、オープンエアを楽しめるプラグインハイブリッドスーパーカー「SF90スパイダー」に、専用チューニングパーツを装着して性能を引き上げていることが特徴です。

性能とエアロダイナミクスを高める専用チューニングパーツ

NOVITECカーボンアップグレードのボディは、Vossen社と共同開発した21インチアルミホイールと調和し、ミッドシップスポーツカーにさらに華麗な外観としていることが特徴です。またNOVITECは、フェラーリSF90スパイダー用のパフォーマンスアップグレードも開発。

エンジンは、4Lツインターボエンジンの電子制御システム用に特別なエンジンマッピングを開発。また、メタルキャタライザーを採用した高性能エキゾーストシステムも開発しています。これらの組み合わせにより、エンジンの出力を80kW/109hp向上させ、3つの電気モーターと合わせたシステム出力816kW/1,109psを実現しています。

センタースポイラーとフロントフェイシアの着脱式サイドセクションは、高速走行時にダウンフォースを発生させるパーツ。フロントホイールアーチを通過する気流を導くカーボンフラップは、流線型の仕上げとなっています。さらに、ダックテールスポイラーとリアディフューザーにより、優れたエアロダイナミクスを実現しています。

リアは、外観をさらにグレードアップするために、カーボンの装飾を施した112mmのテールパイプを用意。NOVITECの高性能コンポーネントをすべて組み合わせることで、エンジンのピーク出力を80kW/109hp、ピークトルクを118Nm向上しています。

足まわりのNOVITEC NF10は、5本の繊細なツインスポークとセンターロックのハブカバーが特徴です。サイズは、フロント255/30ZR21(9.5Jx21)/リア325/25ZR21(12Jx21)となります。また、その他にもSF90 Spider用のNOVITECシリーズには、20インチと21インチの専用ホイールがあります。

 NOVITECのスポーツスプリング(サスペンション)は、ルックスとドライビングダイナミクスをさらに細かく調整することができ、車高をフロント30mm、リアアクスル25mm下げることが可能。また、コックピットのボタンを押すことで40mm上がるフロントリフトシステムにより、駐車場の障害物やスロープを通過することができます。

出力・加速性能

4Lツインターボエンジンに3つの電気モーターを組み合わせたノビテックバージョンのSF90 Spiderは、システム出力816kW/1,109psを実現し、0-100km/hまで2.4秒、200km/hまで6.5秒で加速し、最高速度が340km/h以上です。

なお、純正のフェラーリSF90スパイダーの最高出力が735kW/1,000cv、0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速7.0秒、最高速度340km/hとなっています。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ