ホンダ、新型アコードを発表!北米で2023年初頭に発売予定

ニュース
  • 2022/11/22
  • 124

ホンダは2022年11月10日、北米で2023年初頭に発売を予定している「新型アコード」を発表しました。

北米で11代目のアコード

北米で11代目を数える新型アコードには、改良された2モーター式のハイブリッドシステムが搭載され、さらなるパワフルな走りを実現。

また、最新のコネクティッド技術と先進安全性能が採用され、新世代のミッドサイズセダンとしてさらなる進化を遂げている。

全面刷新されたエクステリアは、なめらかでスマートな全く新しいスタイルを採用。フロントフェイスには、シャープなグリルの両端にブラックアウトしたLEDヘッドライトが配置され、力強さを演出。

そして従来モデルより70mm拡大した全長と10mm広くされたトレッド、そして後ろよりに設置されたキャビンによって、躍動感がありながら安定性もあるシルエットを実現。

インテリアはスポーティかつモダンなイメージで、クラス最高の室内空間を手に入れており、開放的なキャビンによってクリアな前方視界を確保されています。運転席では、10.2インチのデジタルメーター・パネルを標準装備。

ハイブリッド車にはさらに、ホンダ最大となる12.3インチのタッチスクリーンを搭載し、最上位モデルにはホンダ初となる「Google built-in (グーグル ビルトイン)」を採用。ドライブ時に最新のアプリやサービスを利用できる上、ナビやドライブ情報のアップデートやエアコンの音声操作が可能となっています。同システムに搭載されるOSやアプリは、ソフトウェアアップデートにも対応。

パワートレーンも刷新され、スムーズで上質なドライビングダイナミクスを実現。駆動用モーターと発電用モーターで構成される2モーター式ハイブリッドシステムには、新たに開発された2L直噴エンジンが組み合わされ、走行性能が高められています。
並行して用意された1.5L直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンモデルでは、CVT(無段変速機)の改良によって騒音・振動を低減。CVTは制御プログラムも更新され、ドライバーの意思に寄り添う走行性能を実現している。

全世界で販売が予定されているグローバルモデル

安全性にも抜かりはない。先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準で装備。

新たに90度の視野角を持つカメラと、同120度の広角レーダーが採用され、道路上の自動車や二輪車、歩行者に対する認識能力が従来よりアップデートされています。合わせて白線や縁石、標識といった道路情報に対する認識も高められています

さらに、アコード初のトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)が追加され、衝突防止性能も向上。

なお、米国向けに出荷される車両は全て、オハイオ州メリアズビル工場で生産されます。新型アコードは北米以外でも、日本を含め全世界で販売が予定されるグローバルモデルとなっています。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ