新型プリウス発表!HEVは2022年冬・PHEVは2023年春頃発売予定!

ニュース
  • 2022/11/28
  • 829

2022年11月16日、トヨタは5代目プリウスを世界初公開しました。発売時期は、ハイブリッド(HEV)が2022年冬から、プラグインハイブリッド(PHEV)が2023年春頃からの予定で、価格は未発表です。今回は、新しくなったプリウスの詳細情報をお伝えします。

スタイルも走りも良くなった5代目プリウス

新しくなったプリウス(5代目)は、「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を併せ持つエモーショナルなモデルへ進化していることが特徴です。

5代目プリウスは、日本から始まり、北米や欧州などグローバルに展開されます。発売時期は、ハイブリッド(HEV)が2022年冬から、プラグインハイブリッド(PHEV)が2023年春頃からの予定です。

さらに、国内ではクルマのサブスクリプションサービス「KINTO」でも新型プリウスを用意。KINTOの具体的なプランの詳細は、2022年冬に公表予定となっています。

クーペのようなスタイリングと包み込まれるようなインテリア

5代目プリウスのエクステリアは、プリウス独自の「モノフォルムシルエット」を引き継ぎ、低重心化や19インチ大径タイヤなどの採用により、スタイリッシュなプロポーションとなっています。また、ハンマーヘッドをモチーフとしたフロントデザインや横一文字のリアコンビランプ、リアドアのドアノブを窓枠の一部に同化させていることも特徴です。

インテリアは、「アイランドアーキテクチャ」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした包み込まれるような室内となっています。インパネには、トヨタ初採用となる「イルミネーション通知システム」を設定。アンビエントライトとして室内を彩るだけでなく、トヨタセーフティセンスと連動する新機能を採用しています。

ボディカラーは、新色「アッシュ(グレー)」と「マスタード(イエロー)」を含む全8色です。

高出力で低燃費!新型プリウスのパワートレイン

新型プリウスのパワートレインは、ハイブリッド(HEV)とプラグインハイブリッド(PHEV)を設定しています。

HEVは、従来型から約1.6倍も高出力化しながら、従来型と同等レベルの低燃費性能を実現。エンジンは、1.8Lと2.0Lの2種類で、四輪駆動の「e-Four」も用意されます。スペックは、1.8L HEVがシステム最高出力103kW(140PS)/0-100km/h加速9.3秒、2.0L HEVがシステム最高出力144kW(193PS)/0-100km/h加速7.5秒です。

PHEVは、加速性能と静粛性を両立し、EV走行距離を従来型に比べて50%以上も延長。日常生活のほとんどをEV走行のみでカバーします。PHEVに搭載されるエンジンは2.0Lで、システム最高出力は164kW(233PS)、0-100km/h加速は6.7秒(初代86/BRZと同等)です。また、電池パックをリヤシート下部に搭載し、低重心化とラゲッジスペースの拡大をしました。

安全装備や装備・機能など

予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」は標準装備で、高度運転支援システム「アドバンストパーク(リモート機能付)」の設定もあります。

アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W)は、センターコンソール後端とラゲージルームの2ヶ所に設置。エンジンを始動せずにバッテリーだけで給電する「EV給電モード」とバッテリー残量が低下するとエンジンで発電する「HV給電モード」の選択が可能です。また、給電時に室内に虫や雨水などの侵入を防ぐ外部給電アタッチメントが標準で用意され、ドアガラスを閉じたまま外部給電が可能となっています。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ