歴代初の軽BEV「日産 サクラ/三菱 eKクロスEV」がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

ニュース
  • 投稿日:2022/12/23
  • 更新日:2022/12/23
  • 903

2022年12月8日、2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考結果が発表され、「日産 サクラ/三菱 eKクロスEV」がイヤーカーとなりました。43年の歴史の中で、BEV(バッテリーEV/電気自動車)の軽自動車がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは初めてのこととなります。

また、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーやデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーなどの部門賞も併せて発表されました。

第43回日本カー・オブ・ザ・イヤー「日産 サクラ/三菱 eKクロスEV

第43回2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーは、歴代初となる軽自動車のBEV(電気自動車)が受賞しました。

日本におけるバッテリーEV普及の可能性を高めたこと、従来の軽自動車にはない動力性能やハンドリング、高級車並みの先進的な全方位運転支援システムなどが受賞理由となっています。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「ヒョンデ IONIQ 5」

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは、ヒョンデ IONIQ 5が受賞しました。

革新的なエクステリアやインテリのアデザイン、バッテリーEVとして実用的な航続距離(WLTCモード:498km~618km)、卓越した動力性能、充実した快適装備や安全装備、V2Hや室内外V2Lにも対応していることなどが受賞理由となっています。

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー「BMW iX」

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーは、BMW iXが受賞しました。

これまでのBMWデザインとは全く異なる世界観や方向性、リスクを恐れずに変化なくして新たな時代を作ることはできないという考え方で新たな境地を開いたことや、ラウンジを彷彿させる優雅なインテリアが従来の自動車の概念を覆すものという評価が受賞理由となっています。

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー「日産 エクストレイル

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーは、日産 エクストレイルが受賞しました。

発電用の可変圧縮比1.5L直列3気筒VCターボのエンジン、高出力モーターを採用した第2世代「e-POWER」、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」といった内燃機関とEVの革新的な技術が、この1台に集約されている点が受賞理由となっています。

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー「ホンダ シビックe:HEV/タイプR

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーは、ホンダ シビックe:HEV/タイプRが受賞しました。

ハイブリッドカーのe:HEVは、洗練されたパワートレーンにより、現代的でスマートな走りをするスポーツサルーンという点が評価されました。タイプRは、優れたシャシー性能と空力ボディ、滑らかな回転フィールのVTECターボエンジンにより、街乗りからサーキット走行まで幅広くカバーするパフォーマンスを実現したことが受賞理由となっています。

K CAR・オブ・ザ・イヤー「日産 サクラ/三菱 eKクロスEV

K CAR・オブ・ザ・イヤーは、日産 サクラ/三菱 eKクロスEVが受賞しました。

軽自動車というカテゴリーにおいても、バッテリーEVの入門車としても買い得感が高いことや、現実的な120km~150kmの航続距離、操縦安定性や静粛性などを高次元でまとめた点が受賞理由となっています。

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表

1位:日産 サクラ/三菱 eKクロス EV(399点)
2位:ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR(320点)
3位:トヨタ クラウン(236点)
4位:マツダ CX-60 e-SKYACTIV D 3.3(141点)
5位:日産 エクストレイル(84点)
6位:ヒョンデ IONIQ 5(75点)
7位:日産 フェアレディZ(72点)
8位:ルノー アルカナ(70点)
9位:BMW iX(45点)
10位:ランドローバー レンジローバー(30点)
11位:スズキ アルト(28点)

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ