9月1日に販売を開始した16代目クラウン!価格は510万円〜(9月1日販売の一部グレード)

ニュース
  • 2022/09/30
  • 249

クロスオーバー、セダン、エステート(ワゴン)、スポーツの4タイプをラインナップして2022年7月15日に発表された16代目クラウンは、約1ヶ月半後の9月1日にクロスオーバーの一部グレードの販売を開始しました。価格は、510万円〜となっています(9月1日に発売した一部グレード)。

ついに発表された16代目クラウン

1955年にトヨタの高級車として誕生したクラウンは、その名を67年も受け継いできた歴史あるモデルです。2022年7月15日に新型となる16代目が発表され、同年9月1日からクロスオーバーの一部グレードの販売を開始しました。また、16代目クラウンは、約40の国と地域へ展開も予定しています。

ラインナップは、セダンとSUVを融合させた「クロスオーバー」、ショーファーニーズにも応える「セダン」、ワゴンとSUVをかけ合わせた「エステート」、スポーティな走りを楽しめるミドルSUVの「スポーツ」の4タイプです。

それぞれの発売時期は、クロスオーバーの一部グレードが9月1日、一部グレード以外のクロスオーバーが2023年1月以降に生産を開始する予定。セダン、エステート、スポーツは、2023年に販売を予定しています。

一足先に販売を開始したクロスオーバーのグレードや価格

4タイプを用意する16代目クラウンの中で、一足先に販売を開始したクロスオーバーのグレードと価格(税込み)は次のとおりです。

■2.4Lターボハイブリッド
・CROSSOVER RS:605万円〜
・CROSSOVER RS”Advanced”:640万円〜

■2.5Lハイブリッド
・CROSSOVER X:435万円〜
・CROSSOVER G:475万円
・CROSSOVER G”Leather Package”:540万円〜
・CROSSOVER G”Advanced”:510万円〜
・CROSSOVER G”Advance Leather Package”:570万円〜

なお、「CROSSOVER RS」、「CROSSOVER G”Leather Package”」、「CROSSOVER G」、「CROSSOVER X」は、2023年1月以降に生産予定となっています。

16代目クラウンの主なスペック

さまざまなボディタイプを用意する16代目クラウンの主なスペックは、次のとおりとなっています。

【CROSSOVER(クロスオーバー)】
・全長4,930mm×全幅1,840mm×全高1,540mm
・ホイールベース:2,850mm
・パワートレイン:2.4Lターボハイブリッド/2.5Lハイブリッド、駆動方式は全グレード4WD(2.4L:E-Four Advanced/2.5L:E-Four)
・価格:435万円〜640万9,900円(2023年1月以降の生産開始予定モデルも含む)
※2022年7月時点。変更になることがあります。

【SEDAN(セダン)】
・全長5,030mm×全幅1,890mm×全高1,470mm
・ホイールベース:3,000mm
※2022年7月時点。変更になることがあります。

【ESTATE(エステート)】
・全長4,930mm×全幅1,880mm×全高1,620mm
・ホイールベース:2,850mm
※2022年7月時点。変更になることがあります。

【SPORT(スポーツ)】
・全長4,170mm×全幅1,880mm×全高1,560mm
・ホイールベース:2,770mm
※2022年7月時点。変更になることがあります。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ