カーリースと中古車の購入どっちがお得!?費用やメリット・デメリットを徹底比較!

購入
  • 投稿日:2024/02/16
  • 更新日:2024/02/16
  • 289

カーリースや中古車を購入して車に乗ることは、新車の購入と比較しても費用の負担を抑えられます。

しかし、カーリースと中古車購入では、費用や維持のしかたが異なり、人によって向き不向きがあったり、お得に感じる基準も変わってきたりします。

それぞれメリット・デメリットがあるため、自分に適した方を選ぶことが大切です。

今回は、カーリースと中古車購入の特徴、どっちがお得に乗れるかを解説します。

カーリースと中古車購入の特徴

カーリースと中古車の購入は、費用の掛かり方や利用する条件などの仕組みが大きく異なります。カーリースと中古車購入の最大の魅力を解説します。

カーリースは毎月定額で新車に乗れるのが最大の魅力

カーリース最大の魅力は、毎月決まった金額で新車に乗れることです。

リース会社から借りる仕組みではありますが、レンタカーのように時間で借りるのではなく、マイカーを所有する感覚と大きく変わりません。

カーリースで支払う月額費用の中には、車両価格だけでなく税金や自賠責保険料、メンテナンス費用、車検費用といった維持費まで含むことができます。

その他は駐車場代やガソリン代、任意保険料くらいなので、急な出費に困ることもなく余計な費用は考えず利用できます。

マイカーの場合だと、定期的に税金や車検費用がかかり、突発的にメンテナンス費用がかかることもあるでしょう。

中古車は予算に合わせて安く購入できるのが最大の魅力

中古車の最大の魅力は少しでも年式が経っていれば、新車より安く買えることです。

車種や年式も豊富なので、予算に合わせて幅広い選択肢の中から選ぶことができます。

好きな車種があれば価格を抑えたい場合、年式が少し古いものを選ぶことや走行距離が多めのものを選ぶと、車両価格を大きく下げられる場合があります。

カーリースと異なり、完全に自分の所有物として車に乗れるので、自分好みにカスタムしたい方や好きなタイミングで乗り換えたい方におすすめです。

カーリースと中古車購入どっちの費用がお得?

カーリースと中古車の購入では、費用はどっちがお得なのか気になるところです。初期費用や維持費など、費用を比較して解説します。

カーリースは初期費用がかからない

車の購入やカーリースで気になるのが初期費用です。多くの方がなるべく初期費用を抑えて、車に乗りたいというのが本音でしょう。

カーリースの場合は、月額費用に点検費用や税金、自賠責保険料が含まれているので初期費用がかかりません。

一方、中古車を購入する場合は、車両費用の頭金や諸費用(点検費用、法定費用、その他手続きによる費用)が初期費用としてかかります。

車両価格のおおよそ20〜30%程度かかるので、初期費用を抑えたい場合はカーリースがおすすめです。

カーリースは維持費がかからない

車の維持費は継続的にかかるので、最初に把握しておくことが大切です。

カーリースの場合、維持費とされる自賠責保険、税金、メンテナンス費用、車検費用を月額料金に含むことができます。

月額料金以外の維持費は、主に駐車場代、ガソリン代、任意保険料の3つです。

中古車を購入する場合は、カーリースで月額料金に含むことができるものを、その時々で支払わなくてはいけません。

カーリースであれば、細かな維持費や急な出費が避けられ、毎月決まった支払額なので安心してカーライフを送れます。

支払い総額

カーリースは、初期費用や維持費が含まれた月額料金なので、一見高く感じることもあるでしょう。

中古車の購入は、まとまった初期費用や定期的な維持費がかかりますが、毎月のカーローン支払額はカーリースより安いです。

車に長く乗るほど、いろいろなメンテナンスが必要になり、支払額が嵩んでしまうことも珍しくありません。

車の状態にもよりますが、最終的な総支払額で見るとカーリースの方が支出を安定させることができ、お得に利用できることもあるでしょう。

カーリースと中古車購入のメリット・デメリット

カーリースと中古車購入を比較するために、それぞれのメリット・デメリットを把握しましょう。

カーリースのメリット・デメリット

初期費用や維持費を抑えられるカーリースですが、メリットとデメリットがあります。

メリット

・月額費用を決まった定額にできる
カーローンのようにボーナス払いを設定する必要がなく、契約時に決まった金額を毎月払うだけで車の利用ができます。

月額費用には初期費用や維持費が含まれているため、税金やメンテナンス費用で突発的に出費に悩まなくて良くなります。

・頭金ナシでもOK
車を購入するときは、初期費用がかかるため頭金を用意することが一般的です。

カーリースであれば初月から定額料金が決まっているので、頭金がなくても契約ができます。

・新車、好きな車種に乗れる
カーリースは最新モデルの新車も選べます。豊富な車種から好きな車を選べるので、まるで新車を購入したような気分になれます。

・乗り換え時の売却手続きが不要
車を購入すると、乗り換えるときに車を売却または廃車にする手続きが必要です。

カーリースは契約期間がきたらリース会社に返却するだけなので、面倒な手続きがなくスムーズに乗り換えができます。

・個人事業主や法人などのビジネス利用は経費にできる
ビジネスとしてカーリースを利用する場合、個人事業主や法人は経費として計上できます。月額費用にまとまっているので経費の処理も簡単です。

車を購入した場合でも経費にできますが、減価償却となるため一度に全額をその年の経費に計上できません。

デメリット

・契約満了で原状回復して返却しなくてはならない
カーリースの契約では、一般的に契約満了になるとリース会社に返却します。

また、返却時には原状回復が必要です。余計な費用がかからないためにも、気を付けて利用しましょう。

・走行距離の上限を超えると費用がかかる
カーリースの契約では走行距離に上限設定があり、超えてしまった場合は別途費用が発生するケースがあります。

一般的な走行では問題ない距離ですが、長距離乗ることが多い方は契約時に良くチェックしましょう。

・契約期間中の解約は違約金がかかる
契約期間の途中で解約するには違約金が発生します。事故で廃車になってしまった場合にも違約金がかかるので、運転には細心の注意をしましょう。

中古車購入のメリット・デメリット

中古車の購入にもメリットやデメリットがあるので、自分に合うか合わないかを判断しましょう。

メリット

・新車よりも安く車両を購入できる
少しでも乗った車であれば、中古車の扱いに入り新車よりも安く購入できます。モデルが前のものであれば、大幅に価格を抑えて購入することも可能です。

・自分好みにカスタムや売却ができる
カーリースの場合は、最終的に原状回復が必要なので自分好みにカスタムできません。

また、カーリースは途中解約で違約金がかかりますが、中古車の購入であれば自分のタイミングで売却や乗り換えができます。

・納車が早い
中古車は、車両点検と契約手続きが終わればすぐに納車されます。

新車だと数カ月待たされることも珍しくないので、納期の早さは中古車ならではの嬉しいポイントです。

デメリット

・税金、車検、メンテナンス費用の維持費がその都度かかる
カーリースは維持費にかかる費用が月額費用に含まれていますが、中古車購入の場合はその都度支払いが発生します。

・欲しい車種がないときもある
中古車は車種や色、走行距離、年式など状態まで含めれば1点ものなので、自分が欲しいと狙った状態のものがあるとは限りません。

在庫は流動的なので、狙った車種が出たタイミングを逃さないようにしましょう。

・中古車の状態によってはすぐに修理となる場合がある
中古車は点検もされていますが、すぐに故障が発生する可能性もあります。

年式が古いものは故障のリスクも高くなるので、注意して選びましょう。

カーリースと中古車購入は契約方法や手続きが違う

「なるべく早く車に乗りたい」「手続きが面倒なのは嫌だ」という方も多いでしょう。カーリースと中古車購入の納車までの流れについて解説します。

カーリースの契約方法と手順

カーリースは、ネットで乗りたい車種や料金シミュレーションをして申し込むケースが多いです。希望条件を決めて、詳細を入力したら審査に入ります。

審査は3日前後で完了することが多く、審査に通ったらサポートセンターと詳細や不明点について確認します。

その後、必要書類を送付して契約が完了すれば、あとは納車日を決めるだけです。カーリース会社から連絡が来るので、車庫証明など納車に必要な手続きを確認しましょう。

納車はカーリースが車を持ってきてくれるケースがほとんどなので、近くに店舗がない場合でも対応可能です。

中古車の購入方法と手順

中古車を購入する場合は、欲しい車種を決めてインターネットで在庫がある店舗を探します。

問い合わせて在庫を確認し、実物があれば直接来店して見ることが可能です。その場で傷や汚れを確認して、試乗までできる場合もあるので安心して購入できます。

写真で分かりづらい部分もあるので、細かなところまでしっかりとチェックしましょう。

購入する車が決まったら、必要書類を揃えて契約を交わし、カーローンを組む場合は審査を行い納車日を決めます。

納車前には点検や整備が入るので数日かかりますが、基本的にはスピーディーに納品されることが多いです。

カーリースと中古車購入それぞれ向いている人の特徴

カーリースと中古車購入、それぞれに向いている人の特徴を解説します。

カーリースに向いている人の特徴

カーリースに向いている人の特徴は以下となります。

・頭金を貯めるのが苦手
・初期費用がかからずに新車に乗りたい
・面倒なメンテナンスや車検費用を気にしたくない
・契約や手続きの手間が嫌だ
・納期で長く待つことなく車に乗りたい

カーリースは、毎月一定の金額で車両価格や税金、自賠責保険料、車検費用、メンテナンス費用を含むことができるのが大きな特徴です。

頭金や初期費用がかからないので、まとまったお金の用意がなくても車に乗れる便利なサービスです。

また、維持費は車に乗るのために欠かせないものなので、毎月の費用に含まれていれば急な出費に悩むこともありません。

中古車購入はこんな人におすすめ

中古車の購入がおすすめな人の特徴は以下となります。

・自分好みの車にカスタムしたい
・好きなタイミングで自由に乗り換えや売却をしたい
・車にかかる費用を少しでも抑えたい
・走行距離を気にせず車に乗りたい

中古車は、新車よりも安く購入することができ、自分の所有物として自由にカスタムできたり乗り換えたりできるのが大きな特徴です。

車種や年式、走行距離などを検討すれば、価格を抑えて身の丈に合った車を選べます。

また、カーリースのように走行距離の制限や途中解約の違約金がある訳ではないので、制限を気にすることなく自由に車に乗れます。

まとめ

カーリースと中古車購入は、それぞれに特徴があり、メリットやデメリットも異なります。

初期費用や維持費、自分好みのカスタマイズなど、どこを重視するかによって選択基準が変わってきます。

どっちの特徴が便利でお得に乗れるのか、長く車を利用する目線で比較することが大切です。

カーリースと中古車購入のメリット・デメリットを理解して、自分に合った方法で快適なカーライフを楽しみましょう。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ