ローンが残っている車は売ることができる?売却の手順を解説

売却
  • 投稿日:2024/03/25
  • 更新日:2024/03/25
  • 191

「新しい車を購入したいけど、まだローンが残ってるせいで売れない……」

そのように考えている方も多いのではないでしょうか。

一般的に、ローンが残っているものは売却できないイメージがあるかもしれませんが、実はローンが残っている車を売却すること自体は可能です。

この記事では、まだローンが残っている車を売る際の流れ・注意点などについて解説します。

ローンが残っている車は売れるのか?

まずは、ローンが残っている車を売る際の注意点について解説します。

ローンの契約内容を確認

ローン返済中の車を売却する際は、一度契約書に目を通して「完済前売却の禁止」の項目があるかどうかチェックしましょう。

基本的にマイカーローンはローン返済中の売却を認める契約内容となっていますが、一部の銀行系ローンの中には、ローン返済中の売却が認められないプランがあります。

車の名義を確認

ローンを組んで車を購入している場合、車の名義(車検証の「所有者」の欄)が自分または家族の名義になっているかどうか確認する必要があります。

契約によってはディーラー・ローン会社が所有者名義となっていることがあり、車の所有者が自分・家族のものでない場合、売却手順が変わってくるため注意しなければなりません。

自分の名義の車を売る流れ

自分の名義となっている車を売りたい場合、大まかな流れは以下の通りです。

ローンの残額を確認する

はじめに、ローン契約を結んだ際に受け取った「支払金一覧表」を確認し、現在のローンの残額(残債)を確認します。

書類が見つからない場合や一覧表の見方が不安な場合は、ローン会社等のコールセンターに電話して、残債がいくらあるか聞いてみましょう。

買取業者の査定に出し売却

残債を確認したら、車の買取業者に査定をお願いします。

このとき、買取業者にローンがまだ残っていることを忘れずに伝えましょう。

必要書類については、買取業者の方から指定されるため、滞りなく準備します。

注意点として、車が家族名義の場合は「名義人が書いた委任状」が必要になります。

ローンを完済

残債がある車を買取業者に売りたい場合、基本的には「車を売却したお金を使って残債を完済する」必要があります。

その際に、ローン残債が売却額よりも少なければ、その分の差額を受け取って売却手続きは終了します。

売却額をローン残債が超えている場合

車の売却を決めたものの、売却額がローン残債に満たない場合は、次のような方法を選んでローンを完済しなければなりません。

なお、残債がある状態で新しいローンを組む場合、ローン審査は厳しくなる点に注意が必要です。

車の名義が自分の名義でない場合

車の名義が自分の名義でない場合、車を売る際の大まかな流れは以下の通りです。

買取業者で査定を受ける

最初に、買取業者で査定を受け、どのくらいの金額で売却できそうか確認しましょう。

買取業者が出した査定額と、売ろうと思っている車のローン残債を比較検討し、売却金額でローンが返済できるかどうか判断する必要があるためです。

査定の結果【売却金額>ローン残債】となることが分かれば、次のステップに進むことができます。

ローン残債に売却額満たない場合

残念ながら売却額がローン残債に満たなかった場合は、自分名義の車を売却する際と同様、以下のような方法を用いてローンを完済しなければなりません。

●【売却金額ーローン残高】の差額を一括返済
●ローン残債の返済を目的とした新しいローンを組む
●購入予定の車で組むローンに残債を合算(オーバーローン)

車の名義を変更する

ローン完済に向けての道筋が見えてきたら、次は車の名義を変更します。

自力での手続きも時間があれば可能ですが、働きながら手続きを進めるのはなかなか難しいため、基本的には買取業者に依頼する流れになるでしょう。

名義変更できたら売却

無事名義変更の手続きが終わったら、その段階で売却が可能になります。

なお、売却完了となるタイミングは以下の通りです。

ローンが残っている車を高く売る方法

少しでも車を高く売りたいなら、次のような点に注意しましょう。

複数社に査定を依頼する

1社だけに査定を依頼した場合、提示された価格が適正かどうか判断するのが難しいため、提示された金額よりも高く売れるチャンスを逃してしまう可能性があります。

査定依頼時は、少なくとも3~4社に査定を依頼して、比較検討できるようにしましょう。

車を売るタイミングも大切

中古車の需要が高まる時期は、新生活のシーズン(4月)が近づく1~3月・転勤や転職の時期(9月)が近い7~8月とされます。

業者側の心理として、できれば1~2月、7~8月に多くの車を仕入れたいと考えるため、せっかく車を売却するのであれば、その時期に合わせて少しでも売却価格を高くしたいところです。

車を綺麗にしておく

綺麗な車とそうでない車では、査定額に差がついてしまうため、車は普段からできるだけ綺麗な状態を保つことが大切です。

特に注意したいのが「ニオイ」で、タバコ・ペットなどのニオイが車に染み付いてしまうとなかなか取れないため、大幅に査定額が下がってしまうおそれがあります。

純正パーツを用意しておく

メーカー純正のオプションパーツは、新車時でなければ取り付けできないものがあり、稀少価値が高まる傾向にあります。

そのため、過去に純正パーツを付けていて社外品に付け替えた場合であっても、純正パーツは取っておくことをおすすめします。

まとめ

ローンの契約内容に、完済前の売却を禁止する事項が記載されていなければ、ローンが残っている車でも売却することができます。

ただし、車の名義によって売却の流れが変わってくるため、まずは車検証を見て名義が誰になっているのか確認する必要があります。

買取業者に少しでも高く車を買い取ってもらうためには、複数社に査定を依頼したり、車を売るタイミングに注意したりすることが大切です。

普段から車を綺麗に使いつつ、純正パーツがある場合は単体で売らずに取っておくと、より査定額を高くすることにつながります。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ