手洗い洗車はどこでできる?自宅以外で洗車する時の注意点と水場のないところでの洗車方法

メンテ
  • 投稿日:2024/04/15
  • 更新日:2024/04/15
  • 452

「愛車を洗車したいけど、手洗い洗車ができるスペースがない……」
「車を手洗い洗車する場合、どこが一番便利だろう?」

手洗い洗車をするためには、水やスペースの確保が必要になるため、マンションなどで暮らしている人の中には洗車できる場所を探すのに苦労している人も少なくありません。

この記事では、手洗い洗車ができる主な施設について、自宅以外で洗車する際の注意点などに触れつつ解説します。

手洗い洗車はどこでできる?

手洗い洗車は、例えば以下のような施設・場所で行うことができます。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでは、セルフ洗車機を利用するほか、スタッフに頼んで手洗い洗車を行ってもらうことができます。

セルフ洗車機を利用する場合に比べて車をキレイにすることができますが、セルフ洗車機に比べて時間とお金がかかる点に注意が必要です。

コイン洗車場

主にお金を入れて高圧洗浄機を使うタイプの洗車場が該当し、水洗いやシャンプー・ワックスなど複数のコースを選ぶことができます。

比較的安価な値段で利用でき、汚れを強力な水圧で落とせるメリットがある反面、スポンジ・タオルなどの洗車道具は自前で用意しなければなりません。

ディーラーや整備工場でお願いする

ディーラーや整備工場の中には、整備の一環としてだけでなく、別途手洗い洗車をお願いできるところも多く見られます。

車を購入したディーラー等であれば、サービスで洗車を行ってくれる場合もありますが、基本的には有料のメニューになるものと考えておきましょう。

自宅

自宅に十分なスペースがある場合は、洗車場などの施設に足を運ぶことなく、できるだけ自宅で手洗い洗車した方が経済的です。

ただし、マンションの駐車場に車を駐車しているなど、周囲の車に迷惑がかかる恐れがある場合は、他の方法を検討しましょう。

自宅以外で洗車する時の注意点

自宅以外の場所で洗車する際は、次の点に注意して洗車しましょう。

ガソリンスタンドで洗車する時の注意点

ガソリンスタンドで手洗い洗車をお願いする場合、基本的に営業時間内で予約または依頼をする必要があります。

急ぎの場合は機械洗車機を使う方法もありますが、多くの場合利用時間が決まっており、車に付いた水は自力で拭き上げなければなりません。

また、機械洗車機を備えているガソリンスタンドであっても、拭き上げるためのスペースはそれほど広くないところが多い傾向にあります。

混雑状況によっては、路肩で拭き上げることになるおそれもあるため注意しましょう。

コイン洗車場で洗車する時の注意点

コイン洗車場には、洗車道具が置かれていないことがほとんどのため、自分で必要なものを持参しなければなりません。

水洗いやシャンプーなど、コースごとに利用時間が限られているため、洗車時は上から下に向けて効率的に汚れを落とすことを意識して洗車しましょう。

また、高圧洗浄機は勢いよく水が出るため、ホースがつながっているライフルガンをしっかり持って、周囲に水が飛び散らないよう配慮が必要です。

水場のない洗車はどうすればいい?

自宅近辺にホースをつなげられる水道や洗車スペースがなく、自宅の近くでガソリンスタンドやコイン洗車場が見つからず、ディーラー・整備工場が休みで頼れない……。

例えば、このような状況で洗車をしなければならない場合、選択肢としては次のような方法が考えられます。

・ポリタンク等に水を汲み、バケツに水を移し替えながら手洗い洗車する
・水を使わずに洗車できる専用洗剤を使って汚れを落とす

あらかじめポリタンク等にまとまった量の水を汲んでおけば、水場がなくても一定量の水が確保できます。

ポリタンクからバケツに注いだ水は、洗車に使ったスポンジ等の汚れを落としたり、タオルに水を含ませたりするのに使います。水が汚れてきたら、ポリタンクのキレイな水と交換しましょう。

また、水なし洗車用の商品には、主にスプレータイプ・シートタイプの2種類があります。

スプレータイプの場合、ボディに洗剤を吹き付けた後、タオル等を使って洗剤・汚れを拭き取ります。

シートタイプの場合は、基本的にシートを取り出して拭くだけで洗車が完了します。

水なしで洗車する時の注意点

水なしで洗車する際は、次の3点に注意しましょう。

・水でボディの砂・ホコリなどを洗い流さないまま洗車するため、洗車傷を付けないよう優しく洗うこと
・タオル等の洗車用具が汚れやすいため、頻繁に交換できるよう十分な量を用意すること
・泥汚れなど、汚れがひどい場合は無理をせず水を使うこと

例えば、旅先でボディやガラスが汚れてしまった場合などに、軽く洗う程度にとどめておいた方が無難です。

まとめ

愛車に傷を付けず、汚れが気になる箇所を丁寧に洗うためには、手洗い洗車の方が安心です。

自宅に水場がない場合、コイン洗車場を使えば比較的安価に洗車できますし、自信がない人はガソリンスタンドやディーラーなどでプロの手を借りることもできます。

水を用意できない状況で洗車する際は、できるだけ丁寧に洗車することを心がけ、汚れがひどい場合は無理をしないように注意しましょう。

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ