中古車のオークションとは?利用の流れやメリット・デメリットを解説

カーライフ
  • 2023/01/06
  • 300

車をお得に買い替えたいと検討する中で、手段の1つとして挙がるのが「中古車オークション」の利用です。しかし、車はディーラーや中古車販売店で買うのが一般的ですので、オークションの利用と言われてもなかなかイメージがつかめませんよね。

また、初めての人がよく分からないままオークションを利用すると、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れも。

そこでこの記事では、中古車オークションを利用する際の流れや、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

中古車オークションとは

中古車オークションとは、出品された中古車が競売にかけられる市場のことです。中古車オークションには、一般ユーザーが利用できる個人向けと、専門業者のみが参加できるオートオークションの2種類があります。

個人向けオークション

個人向けオークションとは、「ヤフオク!」などのオークションサイトを介して、個人の間で中古車を取引する方法です。出品者と購入希望者が直接やり取りするため中間マージンが発生せず、システム手数料がかかるものの安く中古車を買えます。

その反面、代金の振り込みや名義変更などの手続きは自分で行い、トラブル発生時も当事者同士で解決しなければなりません。

また、振込手数料や車の輸送費、自動車税の未経過期間分は、買い手側が負担します。

オートオークション

一方のオートオークションとは、中古車を扱う業者のみが参加できる会員制の市場です。オートオークションでは、買取業者が出品した中古車を販売業者が落札しています。昭和末期ごろから拡大した中古車市場に合わせて徐々に規模が大きくなっており、今では全国に数多くのオークション会場があります。

参加には古物商許可証など一定の資格が必要で、一般ユーザーは利用できません。個人で参加する場合は代行業者を利用しますが、代行手数料を支払う必要があります。

中古車個人向けオークション利用の流れ

まず、個人向けの中古車オークションについて、利用の流れを紹介しましょう。基本的には中古車を取り扱うオークションサイトを見つけて、欲しい車を探し入札します。落札できた場合は出品者に連絡を取り、代金を支払って車を受け取ります。

中古車オークションを行っているサイトを探す

最初に、中古車オークションを行っているサイトを探しましょう。国内で中古車を取り扱っている主なオークションサイトは、次の通りです。

・ヤフオク!
・メルカリ
・ラクマ
・ジモティー
・モバオク

サイトが見つかったらアクセスし、流通している車をチェックしてみましょう。

欲しい車を見つける

次に、オークションサイトに登録して欲しい車を見つけましょう。検索欄に希望するメーカーや車種、年式、価格帯、走行距離、そして出品地域や修復歴の有無などの条件を入力して検索し、車種を絞っていきます。

気になる車を見つけた場合は「お気に入り」に登録するなどしておき、後で他の車と比較する際に活用しましょう。

入札する

欲しい車が見つかっても、入札して競り落とさなければ買えません。「入札」ボタンをクリックして、購入したい金額の上限を入力しましょう。

入札は取り消せないサイトが多いため、商品内容をよく確認した上で、買う意思のあるものだけを対象に、慎重に行いましょう。他の人が自分より高値で入札した場合は、金額を上げて再入札します。

落札後、配送手段などを出品者と相談

自分が入札した価格で落札できたら出品者に連絡を取り、車をどのように配送してもらうのかを相談しましょう。車を受け取る日時や住所、利用する陸送業者などを相手と決めていきます。自宅ではなく整備工場への納車を希望する場合は、事前に許可を取っておきましょう。

また、車本体だけではなく、譲渡書類や付属品の送付についても必ず確認します。

入金

相手との相談が一段落したら、車の代金を支払いましょう。代金の支払いが完了しない限り、車の陸送手配はできません。車両代金以外にも輸送費用や自動車税の未経過期間分などがありますので、必要な費用を合算した額を出品者と確認し、早急に振り込みましょう。

高額な車両は落札日翌日までの入金を求められるなど、業者によって対応は異なります。

納車、名義変更

入金したら、約束した日時に合わせて陸送業者から車を受け取りましょう。車が無事に納車されても、名義変更が済むまでは気を抜いてはいけません。車と一緒に自動車車検証など書類を受け取ったら、自分で名義変更を行う必要があります。

自賠責保険の名義変更や、任意保険に登録している車両についても忘れずに入れ替えましょう。

オートオークションに参加する方法

実は、オートオークションは個人での利用ができません。中古車を取り扱っており、会員資格を持つ専門業者のみ参加が可能となっています。オートオークションに参加する方法について、具体的に解説しましょう。

オートオークションへの参加条件

オートオークションに参加するには、次の条件をクリアする必要があります。

・「古物商許可」を取得してから1年以上経過していること
・車を展示するスペースがあり、営業活動のための事務所を構えていること
・連帯保証人を用意すること
・オークション会場に、入会金および保証金を支払うこと

中古車取引は金額が大きく犯罪組織が関与しやすいため、古物商許可を取得してすぐの業者は参加が認められません。また、仕入れた車を置く常設展示場を持たない業者も参加できません。

なぜオートオークションは安いと言われるのか?

一般的に、オートオークションで取り扱われる中古車は、販売店での購入と比べて安く買えると言われています。なぜなら、オートオークションでは車両本体のみの価格で売買されているからです。

自動車販売店の店頭に並ぶ中古車は、買取原価に加えてスタッフの人件費や広告費用、そしてお店の利益といったコストが上乗せされた上で価格が決定されています。

一方のオートオークションでは店舗を維持する費用が不要で、出品者と落札者の間に入る業者も必要最低限で済みます。そのため、販売されている車の価格は純粋に車両本体だけとなるのです。

たとえ代行手数料や輸送費がかかったとしても、オートオークションでは中古車販売店での購入より安く買える可能性があります。

代表的なオートオークションを紹介

ここで、代表的なオートオークションを4社ほど紹介しましょう。

1)株式会社オークネット
昭和60年に世界で初めてTVオークションを開始した企業で、現在はバイクや医療機器などの流通も手掛けます。

参考:株式会社オークネット

2)株式会社ユー・エス・エス
全国に19箇所の会場を持ち、中古車オークション国内シェアの3割を誇るトップ企業です。

参考:株式会社ユー・エス・エス

3)株式会社ベイオーク
昭和53年から手入札形式のオークションを行っている老舗で、特に西日本で高いシェアを持ちます。

参考:株式会社ベイオーク

4)アライオートオークション
大正9年創業の荒井商事が運営しており、オートバイや建機なども取り扱っています。

参考:アライオートオークション

オートオークション代行業者を利用する

オートオークションは個人では利用できませんが、代行業者に依頼すれば参加が可能です。車のオークション代行業者は、一般の人が参加できないオートオークションにおいて代わりに車の出品や落札を行ってくれます。

オークション代行で車を買う時は、事前に自分が探しているモデルや年式・予算・走行距離などの条件を業者に伝えます。すると、業者が会員となっているオートオークションからそれに合う中古車を探し出し、代わりに落札する仕組みです。

オートオークション代行業者とは

オートオークション代行とは、中古車の出品や入札、購入を代わりに行う専門業者のことです。業者専門のオークションに参加できない一般の人に代わって会場入りし、中古車を吟味した上で条件の合うものを落札します。

代表的なオートオークション代行業者

まず、代表的なオートオークション代行業者を3社ほど紹介しましょう。

1)カーオークション.jp
オートオークションの代行を請け負う、大手のサイトです。サイトには中古車人気ランキングや落札相場グラフなど、情報が充実しています。

参考:カーオークション.jp

2)オークサポート
手数料一律5万円で成功報酬のみで運営されている、オークション代行サービスです。10大オークション会場に対応し、納車後は2年間の保証が付帯されます。

参考:オークサポート

3)くるまオークションドットコム
全国92会場に対応し、東海エリアに特化した代行サービスです。手数料は落札額の5%で、2年間の無料修理保証がつきます。

参考:くるまオークションドットコム

代行業者へ依頼する時の注意点

オートオークションでの取り引きを代行してくれる代行業者ですが、利用時には次の点に注意が必要です。

まず、社会的な信用がある代行業者なのかをチェックしましょう。株式上場や営業歴、そして中古車販売の実績などのポイントが判断材料となります。次に、納車後のアフターサービスが充実している業者を選びましょう。初期不良や想定外のキズがあったとしても、適切に対処してくれるでしょう。

さらに、業者がオークションに関する情報をきちんと開示しているか、確認しましょう。実際より高い落札価格を提示することで、不正に利益を得ようとする悪徳業者も存在します。

オートオークション利用の流れ

今度は、オートオークションを利用する際の流れについて、解説しましょう。一般的には、代行業者を探した上で予算や条件に合う車へ入札してもらい、落札できたら費用を支払って納車された車の名義を変更します。

代行業者を探す

まず、オートオークションへの参加を代行してくれる業者を探すところから始めましょう。比較すべきポイントは、明確に手数料が表示されているか、過去の落札データ、そして代行業務全体の料金体系などです。

また、実際に利用した人のレビューを参考に、信頼できる業者を選びましょう。

予算や車種の条件を決める

次に、欲しい車や用意できる予算を決めて、代行業者と契約しましょう。契約後、オークション前日になると代行業者から出品予定の車両リストが写真付きで送られてきます。

リストの中に落札して欲しい車があれば、代行業者に連絡してさらに詳しいデータをもらいます。

入札、落札

条件が決まったら、業者がオートオークションに出向き目的の中古車に入札します。オートオークションには業者が参加しますので、自分では直に車の状態を確認することはできません。

したがって、どの車に入札するのかは代行業者に任せることになります。重点的にチェックして欲しい箇所があれば、あらかじめ業者に伝えておきましょう。

代行業者へ支払い

無事に目的の車を落札できたら、代行業者に代金を支払いましょう。業者に支払う金額は、車両本体価格に加えて、消費税、入札料、成約料、自動車税、そして輸送費用などです。

支払いをしない限り納車は行われませんので、最終的な金額を業者に確認して、早急に振り込みましょう。

納車、名義変更

指定した場所に車が納車されたら、車はもちろん細かな書類や付属品もチェックしましょう。そしてできるだけ早く陸運支局に赴き、車の名義変更の手続きを行います。

自分で済ませれば安く済みますが手続きは複雑ですので、時間がない方はお金を払って業者に任せましょう。

中古車オークションのメリット

オークションを利用して中古車を購入すると、どんなメリットがあるのでしょうか。一番の魅力は店舗購入より安く買えることですが、ほかにも希少な車に出会えたり、欲しい車を狙えたりといった利点もあります。

中古車を小売相場よりも安く購入できる

1つ目のメリットは、通常の相場よりも安く中古車を購入できる可能性があることです。中古車を購入する際は、基本的には中古車販売店を利用します。しかし、中古車販売店の車両価格にはスタッフの人件費や広告費、そしてお店の利益が上乗せされています。

オークションでの車両価格には、この中間コストが一切かかっていません。

希少な車に出会える

2つ目のメリットは、希少な車に出会える可能性があることです。限定車や珍しいモデルは流通量も需要も少ない上に、地場の中古車販売店では売りにくいため査定も低く、売却するケースも少なくなってなかなか出回りません。

全国に告知できる中古車オークションであればそれらの問題を解消できますので、希少な車も流通しているのです。

欲しい車を狙える

3つ目のメリットは、自分が欲しいと思っている条件の車に出会える可能性が高くなることです。オートオークションには、全国から数万台〜数十万台もの中古車が出品されています。店頭では在庫の数に限りがあるため時に妥協も必要ですが、数が多くなれば選択の幅が広がりますので、より条件に合う車を探しやすくなるでしょう。

中古車オークションのデメリット

さまざまなメリットがあるオークションでの中古車購入ですが、一方でデメリットも存在します。1番の問題点は、落札前に実車の確認ができないことでしょう。また、通常の買い方に比べて手間がかかる上に、車両本体以外の費用も必要です。

手間がかかる

1つ目のデメリットは、通常のディーラーや中古車販売会社から車を買うよりも手間がかかってしまうことです。代行業者の選定からはじまり、入札する車をリストから探したり手数料を支払ったりと、多くの手続きをしなければなりません。

また、落札できなかった場合は改めて車を探す必要がありますし、納車後も名義変更の手続きをするのは自分です。

車以外の費用がかかる

2つ目は、車両本体にかかる費用以外にもお金がかかってしまうことです。オークションで購入すれば車両本体価格は抑えられますが、代行手数料や整備費用は自分で負担しなければなりません。

車によっては、トータルで費用を計算するとお店で買うのとそれほど変わらないケースもあるでしょう。販売店の中古車価格は高めですが、展示前に整備点検やボディの磨き、室内清掃が行われています。

安く買えるものには、安いなりの理由があることを知っておきましょう。

落札前に実車の確認が難しい

3つ目は、オークションでは車を実際に見て決められないことです。一般の人はオークション会場に入れませんので、販売店では可能な実車の確認ができません。そして、納車された車に想定外のキズや故障があったとしても、基本的には返品や交換は不可能です。

中古車販売店で購入した車とは異なり、トラブル発生時の対応に不安が残ります。

安心して取引ができるcars MARKET

ここからは、欲しいマイカーへスマートに乗り換えられる「cars MARKET」を紹介。cars MARKETはオークションではなく、車を買いたい人と売りたい人をマッチングする、全く新しいサービスです。

cars MARKETで安心取引

cars MARKETは、買いたい人と売りたい人が希望価格でマッチングされるサービスです。サイトには100万台以上の車が登録されており、あなたが乗りたい車も必ず見つかります。

オークションとは異なり入札制ではなく、出品者と購入希望者があらかじめ登録したデータに基づきcars MARKETがマッチング。これによって、買う側はよりお得な価格で車を購入できますし、売る側も高く売れます。

個人売買とは違い、現金一括以外にも通常ローン、残価ローン、リースで支払いが可能です。そのまま自分が乗り続けながら、任意の金額で出品できる点も便利です。

サポートで楽々取引

cars MARKETでは、名義変更や車の引き渡しといった面倒な手続きについても、しっかりとサポートしてもらえます。中古車オークションは車を安く購入できる反面、手続きが面倒なのが欠点です。

サポートのあるcars MARKETは、これらの煩わしさがありません。サービスへの登録や出品は無料で、マッチングが成立した時のみ利用料を支払えばOK。

carsエージェントの対応によって出品者と購入者の間で直接的なやり取りも発生せず、楽に取り引きできますよ。

まとめ

今回は、中古車オークションを利用する際の流れや、メリット・デメリットについて解説しました。中古車オークションには、個人向けとオートオークションの2種類があります。オートオークションは専門業者しか参加できず、個人での利用は代行業者への依頼が必要です。

オークションは相場よりも安く車が買えますが、実車が確認できず手間もかかるという欠点があります。欲しい車に安く乗り換えたい人は、サポート万全のマッチングサービス「cars MARKET」を利用しましょう!

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ