ドライブレコーダーの取り付け工賃の相場はいくら?業者別で解説

メンテ
  • 2022/06/13
  • 36997

「ドライブレコーダーの取り付け工賃を知りたい…」
「お店で買うより、ネットで買って持ち込む方がお得って本当?」

たしかに、ネットで安くドライブレコーダーを仕入れて業者に持ち込めば、費用が浮くように思えますよね。

しかし、依頼する業者によっては、トータルで見ると必ずしも安くなるわけではありません。

そこでこの記事では、ドライブレコーダーの取り付け工賃相場と業者別の特徴、そして作業をプロに任せるべき理由について、くわしく解説します。

ドライブレコーダーの取り付け工賃相場一覧

工賃とは、ドライブレコーダーを取り付けてもらうため、業者に支払う作業料金です。本体やケーブルの費用とは別であり、依頼先によっても異なります。

以下に、国産車での工賃相場をまとめているので参考にしてください。

・工賃相場一覧

依頼先前方のみ前後
自動車整備工場6,000〜10,000円15,000〜25,000円
カー用品店6,000〜10,000円15,000〜30,000円
カーディーラー9,000〜12,000円20,000〜40,000円
出張サービス8,000〜11,000円15,000〜20,000円
(出張料込み)

業者別、取り付け工賃の特徴

ここからは、業者別の取り付け工賃の特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

ドライブレコーダーの取り付けは、自動車整備工場やカー用品店に加えて、カーディーラーや出張サービスでも依頼することが可能です。

自動車整備工場

自動車整備工場は、持ち込みでのドライブレコーダー取り付けに対応しています。

普段から利用している整備工場であれば、リーズナブルな工賃で取り付けてもらえることもあるので、費用を抑えたい場合にはおすすめの手段です。

しかし、整備工場によって技術力に大きな差があることがあります。

また、公式ホームページのない整備工場も多く、取り付けに対応している整備工場を探すのに手間がかかります。

対応していてもメインの業務である車検整備で忙しく、積極的にドライブレコーダーの取り付け依頼を受け付けていない整備工場もあるので注意が必要です。

そのため、馴染みの整備工場がある場合にはおすすめの手段といえるでしょう。

カー用品店

オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも、持ち込みでのドライブレコーダー取り付けを依頼できることがあります。

しかし、持ち込みでの工賃はお店で購入したものを設置する工賃より高く設定されており、持ち込みそのものを断られるケースもありますので注意が必要です。

なぜなら、カー用品店ではドライブレコーダー本体と取り付け工賃がセット価格で提供されており、お店としてはこれらをセットで売りたいからです。

セット価格では取り付け工賃が格安で設定されているためお得に取り付けられますが、機器本体をそのお店で購入する必要があります。

また、持ち込み機器は品質が保証できないため、トラブルが生じるリスクを回避したいという理由もあります。

さらに、カー用品店ではお店で購入したお客様の取り付けを優先するので、持ち込みの場合の待ち時間が長くなることが多いです。

カーディーラー

持ち込みでのドライブレコーダー取り付けは、正規ディーラーでも対応しています。ディーラーでも取り付け工賃は高く設定されており、持ち込みを断られるケースもあります。

ディーラーでは、手厚いメーカー保証が適用される純正のドライブレコーダーを取り扱っており、できるだけ純正品を販売するよう指導されています。

純正品は機器が車と合うように設計されており、相性も抜群であるというメリットがありますが、取り付け工賃込みで50,000〜80,000円と非常に高いのが難点です。

また、最近の車は電子制御されており、社外品を取り付けると予期せぬ不具合が発生してしまうことがあるため、正規ディーラーでは持ち込みでの取り付けを敬遠する傾向があります。

出張サービス

自宅に訪問してドライブレコーダーを取り付けてくれる出張サービスもあります。

機器本体の販売は行なっていないことが多いため、基本的には持ち込みとなり取り付け工賃はほとんどのサービスで出張費込みの金額が提示されます。

業者にもよりますが、工賃自体は自動車整備工場やカーディーラー、カー用品店と比べて安価の傾向です。

作業員が自宅まで来てくれるため、小さなお子さんがいて家を空けられない場合や人混みに出かけたくない場合におすすめです。

ただし、業者を自分で探すのが手間な点と、車の専門業者ではないため車種や機種によっては断られることもあるのがデメリットです。

ドライブレコーダーを取り付ける手段

ドライブレコーダーの取り付けには、自動車整備工場やカー用品店、カーディーラー、そして出張サービスへ依頼するという方法があることを紹介しました。

それ以外にも、知識や技術に自信があれば自分で取り付けるという選択肢もあります。ここでは、自分でドライブレコーダーを取り付けるメリットとデメリットを解説します。

自分で取り付けるメリット

自分で取り付ける一番のメリットは、やはり工賃がかからないことでしょう。かかる費用はドライブレコーダー本体の金額のみなので、最も安価で済む方法です。機器も、自分のこだわりを反映させて選ぶことができます。

また、自分で業者を探して予約したうえでお店に行く、といった一連の手間が省けるというメリットもあります。

自分で取り付けるデメリット

自分で取り付けるデメリットは、作業の手間と時間がかかってしまうという点です。たしかにドライブレコーダーの取り付けは個人で行うことも可能です。

しかし、慣れていない人が作業をすると、取り付け方法の確認に時間がかかったり、電源を取るための配線が複雑になってしまったりと意外なところに労力が必要となります。

また、配線を表側に出さずすっきりさせたい場合には内装の内張りパネルなどを外す必要がありますが、誤って内装を傷つけたりパネルの爪を破損して元に戻らなくなるなど、トラブルが発生する恐れがあります。

自分の手に負えなくなってしまってからお店に持ち込むことで、かえって費用が高くなってしまうこともあるのです。

かかる手間を考えると、やはりはじめからプロに頼むのが良いといえるでしょう。 

ドライブレコーダーの取り付けを依頼した方が良い理由

ドライブレコーダーの中には取り付けが簡単そうに見える商品もありますが、取り付け位置が法令で決まっており、注意が必要な場合があります。

また、緊急時には確実に作動する必要もあるため、工賃がかかってもプロに任せる方が安心です。ここからは、その理由について解説します。

ドライブレコーダーの取り付け位置は法令で決まっている

ドライブレコーダーの取り付け位置は「道路運送車両の保安基準第39条 窓ガラス」において明確に定められています。

法律の内容を簡単に整理すると、以下のとおりです。

1)フロントガラスの上部から20%以内
2)フロントガラスの下部150mm以内の範囲
3)ルームミラーの裏側

上記以外の箇所に設置してしまうと違法改造車とみなされ、車検に通りません。また、ドライブレコーダーが運転時に視界を妨げてしまうと危険です。

保安基準に適合する位置がよくわからず、自分で細かく位置を調整しながら取り付けるのが面倒だと思われる場合はプロに依頼しましょう。

緊急時に確実に作動する必要がある

ドライブレコーダーは、事故などの緊急時にこそ確実に作動する必要があるものです。

しかし、間違った方法で取り付けられていると、走行中にカメラが脱落してしまったり、電源の配線が切れてしまったりして撮影ができず、本当に必要となるトラブル時に役に立ちません。

また、取り付け位置を誤ると、車のバッテリーやカーナビ、ラジオなどに悪影響を与えるおそれがあります。

無駄な不具合を避け、万が一の事態に備えてしっかりと記録するためにも、ドライブレコーダーの取り付けはプロへの依頼が確実です。

外国車のドライブレコーダーの取り付けには対応してくれる?

外国車については、ドライブレコーダーの取り付け対応ができないお店があり、対応可能な場合でも工賃は国産車と比べて割高になります。

外国車は、電源の取り出しが難しいモデルが多く、電源を取り出した場所が悪いと不具合が起きたり、最悪ショートして機器を壊してしまったりするおそれがあります。

また、駐車監視機能が付いたモデルはエンジンがかかっていない時も電源が必要ですが、外国車の中にはエンジン停止の数分後からスリープモードになって電源をシャットアウトしてしまうものあるため、配線を誤ると作動しません。

さらに、外国車の内装部品は取り外し方が特殊で、国産車より難易度は高くなります。以上の理由によって、取り付けを断るお店もあるのです。

まとめ

ドライブレコーダーの取り付けは、自動車整備工場やカー用品店はもちろん、カーディーラーや出張サービスでも依頼できます。

自動車整備工場や出張サービスはリーズナブルですがデメリットもあり、カー用品店やカーディーラーでは持ち込みでの工賃が割高に設定され、中には断られることもあります。

また、ドライブレコーダーの取り付け場所は法令で定められており、確実に作動させるためにも作業はプロに任せた方が賢明です。

この記事を参考に、あなたの車に合った取り付け方法を選択して、万が一に備えましょう。

▼関連記事
cars LIFEでは下記記事でもドライブレコーダーに関する内容を紹介しています。
360°全周囲ドライブレコーダーの特徴!選び方とおすすめ5選
ドライブレコーダーの駐車監視機能とは?機能の種類とバッテリー方式の違いを解説
ドライブレコーダーの取り付け位置を解説!注意すべき規制とは?

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ