中古車オークションは個人で参加できる?条件と代行利用方法を解説

購入
  • 投稿日:2023/01/10
  • 更新日:2024/02/27
  • 8054

車を高く売ったり安く変えたりできると聞き、中古車のオークションに個人で参加したいと考えている人も多いことでしょう。

しかし、中古車オークションは会員制を取っており、一般の人は出入りできません。オークション代行業者に依頼すれば個人でも参加できますが、代行手数料や陸送費がかかる上に、一定のリスクが存在します。

そこでこの記事では、個人で中古車オークションを利用する方法と、代行業者を利用するメリット・デメリットについて詳しく解説します。


 ▲マイカーがいくらで売れるか相場を確認▲

中古車オークションに個人で参加するには?

まず、中古車オークションに個人で参加するにはどのような条件や方法があるのか、詳しく見ていきましょう。オートオークションの利用は個人では難しく、参加資格を持つオークション代行業者への依頼が一般的な方法です。

オートオークションへの条件

業者向けのオートオークションに参加するには、会場ごとに定められている条件を満たす必要があります。中古車オークションでは取り引きで大きな金額が動きますので、詐欺や犯罪をもくろむ組織が参加する可能性があります。そこで各会場では、ハードルを上げることで犯罪集団の参加を防いでいるのです。

例えば、中古車オークション会場を運営する大手企業のUSSでは、入会するには次のような条件をクリアする必要があります。

▼USSの入会条件(抜粋)
・古物商許可証を持ち、取得から1年以上経過していること
・常設の展示場と事務所を持ち、営業活動の実態があること
・連帯保証人を用意すること
・保証金10万円を預託すること

これらの条件を、個人でクリアすることは難しいでしょう。つまり、オートオークションに参加できるのは、一定の規模を持つ業者に限られると言えます。

参考:USSホームページ

代行業者に依頼

一般の人がオートオークションを利用したい場合、中古車オークション代行業者に依頼するという方法があります。中古車オークション代行とは、オートオークションで車を出品・落札してくれるサービスです。
代行業者はそれぞれオートオークションに参加する資格を持っていますので、一般の人に代わってオークションで車を売買できます。購入を依頼すれば会場でユーザーの希望条件に合う車を探し出し、売却時にはユーザーから預かった車を出品してくれます。

代行業者を利用すれば個人でもオートオークションに参加できますが、出品料や落札料などの手数料が発生します。

中古車オークション代行を利用するメリット・デメリット

次に、中古車オークション代行を利用する際のメリットとデメリットについて、解説します。オークション代行を利用すれば車をお得に売買できますが、代行手数料がかかる上に、信頼性の高い業者を見極める必要があります。

中古車オークション代行のメリット

中古車オークション代行を利用するメリットは、次の3つです。

高く売却できる
1つ目のメリットは、自車を高く売却できる可能性が高いことです。オークションでは買いたい人が多いほど値段も上がりますので、場合によっては販売店での査定より高く売れることがあります。
また、4WD車など地域によって需要が異なるモデルは、全国にアピールできるオークションを通すことで地元より高い価格で売却できます。

お得に購入できる
2つ目は、車をお得に購入できることです。中古車販売店での価格は、広告宣伝費や人件費、お店の利益などが上乗せされています。オークションで落札すれば、販売店で生じるこれらの中間コストを省けます。

欲しい車が見つかる
3つ目は、欲しい車が見つかることです。全国規模で展開されるオートオークションには、数万台〜数十万台もの中古車が出品されます。数が多いことで選択の幅が広がり、条件に合う車が見つかる可能性が高くなるのです。タイミングが合えば、なかなか出回らない希少な車に出会えるかもしれません。

中古車オークション代行のデメリット

一方で、中古車オークション代行のデメリットは、次の3つとなります。

車の代金以外に手数料が必要
1つ目のデメリットは、車の代金以外にも手数料がかかることです。代行業者に車の売買を依頼すると、代行手数料をはじめ、出品料や入札料が発生します。遠方のオートオークションで落札した場合は自宅までの陸送費用が必要ですし、安心して車を使用するにはメンテナンス費用もかかります。

車が売れなくても手数料がかかる
2つ目は、出品した車が落札されなくても手数料がかかってしまうことです。オークションに出品した車は、必ずしも売れるとは限りません。売れ残った車を再出品する際は、代行業者に改めて出品料を支払う必要があります。車を持ち帰る場合にしても、陸送費用はかかります。

業者の信頼性が低い場合は危険
3つ目は、信頼性の低い代行業者に依頼した場合は、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があることです。信頼性が低い業者は、落札額を偽って不正に利益を得たり、預かった車をそのまま持ち逃げしたりしますので、慎重に選ばなければなりません。

中古車オークション代行を利用時の注意点

では、中古車オークション代行を利用する際、トラブルを避けるためにはどのような点に注意して利用すればいいのでしょうか。

代行業者を利用する際の注意点を、次の通りまとめました。

・信頼性の高い業者が提供するサービスなのか
・自分が希望する条件に沿った中古車を、一緒になって探してもらえるのか
・代行手数料や出品・落札料の金額は妥当か
・流札の場合、追加でかかる手数料はどれくらいのなるのか
・売却時、自車の出品中も代車を用意してくれるのか
・落札後、名義変更の手続きもきちんとサポートしてもらえるのか
・落札後、自宅まで車を配送してもらえるのか
・保証制度やアフターサービスが充実しているのか

まず、売買を任せる代行業者は、長年の経験と実績のある信頼性の高いところを選びましょう。代行手数料も他の業者と比較しながら、明確な記載があるのかなどチェックしましょう。落札後の名義変更サポートや、車に欠陥があった時でも保証してもらえる制度があれば安心です。

中古車オークションの種類

ここで、中古車オークションの種類について触れておきましょう。中古車オークションには、業者向けのオートオークションと、個人で利用できる車買取オークション、そして個人間で取引するネットオークションの3つがあります。

オートオークションとは

オートオークション(AA)とは、中古車販売店を対象とした会員制の卸売市場です。取引対象の車が集まるオークション会場は北海道から九州まで、全国各地に100箇所以上が存在します。基本的に一般の人は入場できず、参加するには古物商許可の取得や車の営業実態など、会場ごとに定められた条件をクリアする必要があります。

オークションにはさまざまな車が流通しており、会員の業者は会場で実際に現車を見たり、インターネットや衛星回線を通じて車を確認したりして、出品や落札を行います。オートオークションでは、毎週10万台以上の中古車が売買されています。

車買取オークションとは?

オートオークションとは異なり、個人でも利用できる「車買取オークション」というサービスも存在します。車買取オークションとは、サイトに買い取りを依頼すると、代行で出品された車を買取業者がオークション形式で落札を競うというサービスです。

一括査定とは違って情報提供や査定を1社で済ませられるため、手間が軽減される上に個人情報の開示も最小限に抑えられるという点がメリットです。

サービスを提供するサイトには、全国8,000社が参加する「ユーカーパック」や、楽天グループが運営する「楽天carオークション」などがあります。

「ヤフオク!」などのネットオークション

中間業者を入れず、完全に個人間で取引できるのが「ヤフオク!」を代表とするネットオークションです。ネットオークションでは、車だけではなく数千万品にも及ぶものが出品されており、たくさんの人によって活発に取引されています。

メリットは、他のサービスに比べて手数料が格段に安く、最低落札価格などを自分で自由に決められるという点です。

一方で、業者が入らない個人間での売買契約のため、「入金がない」といったトラブルには自分で対処しなくてはなりません。

中古車専門ではないネットオークションで車を売買するリスク

中古車を専門としないネットオークションで車を売買する方法には、さまざまなトラブルが起きるリスクがあります。

代金が振り込まれない

一番多いのは、「落札者が車の代金を振り込んでくれない」というトラブルです。配送は入金後が基本ですが、落札だけしてすぐに支払わない人や、いい人そうだからと先に商品を配送した後、連絡がつかなくなってしまうことがあります。

名義変更の手続きをしてくれない

2つ目は、「落札者がなかなか名義変更の手続きをしてくれない」というトラブルです。名義変更は落札者が行いますが、きちんと書類を送ったのにもかかわらず忙しいからと放置されることも少なくありません。

名義変更しないでおくと、自動車税の請求が来たり交通違反や事故の責任を取らされたりする恐れがあります。

引き渡し後の金銭要求

3つ目は、金銭的なトラブルに発展するケースです。中古車の場合は現在の状態のまま引き渡すのが基本ですが、納車後に「機関良好と聞いていたのにすぐ壊れた」などと、トラブルに発展してしまうことが多くあります。

お得に車を乗り換える方法

中古車オークションを上手く利用すれば車を安く乗り換えられますが、リスクもあって初心者には手を出しにくいという欠点があります。そんな人におすすめするのが、中古車のマッチングサービスである「cars MARKET」です。

cars MARKETで安心取引

cars MARKETは、買いたい人と売りたい人が希望価格でマッチングされるサービスです。サイトには100万台以上の車が登録されていますので、自分が欲しい車もきっと見つかります。最大のメリットは、代行手数料がかからないため、お得に買えて高く売れること。

またcars MARKETはオークション形式を取っておらず、あらかじめ登録したデータに基づいて出品者と購入希望者をマッチングするため、どちらもお得に売買できます。

そればかりではなく、cars MARKETでは現金一括だけではなく、通常ローンや残価ローン、リースなども選択可能です。さらに、今自分が乗っている車でも任意の金額で乗りながら出品できます。

サポートで楽々取引

cars MARKETでは、名義変更や車の引き渡しといった面倒な手続きについても、しっかりとサポートしてもらえます。

オークションでは安く購入できる反面、自分で手続きしなければなりませんが、cars MARKETではこういった煩わしさがありません。

サービスへの登録や出品は無料で、マッチングが成立した時のみ利用料を支払えばOK。

carsエージェントが間に入って対応するため、出品者と購入者とで直接的なやり取りは発生せず、楽に取り引きできます。

まとめ

今回は、個人で中古車オークションを利用する方法と、代行業者を利用するメリット・デメリットについて解説しました。

中古車オークションを個人で利用するには、代行業者への依頼が必要です。オークション代行を利用すれば車をお得に売買できますが、手数料がかかる上に業者選びを誤るとトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

リスクを最小限に抑えて車をよりスムーズに乗り換えたい人には、サポート万全のマッチングサービス「cars MARKET」の利用がおすすめです!

この記事をシェア

カテゴリー内記事Related articles

cars Enjoy! Smart Life
carsはSDGsに取り組んでいます

Sustainable Development Goals
ページトップへ